韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  三星への依存度を減らすアップル

三星への依存度を減らすアップル

アップルが来年発売するプレミアムスマートフォンに、中国ディスプレイメーカー・BOEテクノロジーのフレキシブル有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイを適用する可能性が高いという報道が出た。21日(現地時間)、米CNBCと日本の日経アジアレビューなどは、「アップルがBOEのフレキシブルディスプレイの認証作業を非常に積極的にテストしている。今年中に供給業者に選定するかどうかを決めるだろう」とし、「アップルが三星への依存度を減らそうとしている」と報じた。

アップルはこれまで、アイフォーンXSとアイフォーンXSマックスなどのプレミアム級スマートフォンに、三星ディスプレイのフレキシブルOLEDディスプレイを搭載してきた。三星ディスプレイは、フレキシブルOLED市場でグローバル市場シェアの90%以上を維持しており、事実上独占体制を構築している。

IHSマキトなどによると、2017年にアップルが初めてOLEDディスプレイを搭載したアイフォーンXの製造コストは約370ドル。OLEDディスプレイは最も高価な部品で、価格は約110ドル、約30%に迫る。しかし、日経アジアレビューなどは、BOEのOLEDディスプレイの価格は、三星ディスプレイの製品より約20%割安と予測した。

スポンサードリンク
複数の外信は、「アップルが中国BOEのフレキシブルOLEDディスプレイを使用すれば、中国ディスプレイパネル産業の『転換点』と評価されるに値することだ」と分析した。
http://www.donga.com/

samsun-3.jpg

アップルにすれば、ライバル企業となるサムスン依存度を減少させるのは当然である。コストで優位性を持たせるため他企業となる。ジャパンディスプレイや中国企業との連携は不可欠で、製造コスト低減は絶対条件となる。アップル自体も利益率を多少下げて価格低下を優先するだろうから、製造原価低減は不可欠と言える。

アップルにはアップルストア経由でのサービスがあるだけに、サービス強化は今後の大きな課題と言える。また同時にタブレットを加速させたいという思惑もある。ただしMacPCとの関係もあるので難しい。 IOS13はIPADにどんな変化をもたらすかは楽しみではあるが、Macが売れなくなる可能性もある為に、カテゴリ分けに注視するだろう。

関連記事

[ 2019年08月24日 09:05 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp