韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国GSOMIA破棄でクーデターの可能性も!?

韓国GSOMIA破棄でクーデターの可能性も!?

金沢工業大学虎ノ門大学院教授の伊藤俊幸元海将は「文氏が通商から安全保障まで反日カードを切ったのは、あまりに合理性に欠ける。これまでも、文氏は北朝鮮のスパイを摘発する部局をつぶすなど、『従北』のむちゃくちゃな対応を見せてきた。日米韓3カ国の安全保障の基盤が揺らぐのを危惧する現役の軍人らの生の声も届いていないようだ」と解説する。

続けて、「韓国軍にとり、北朝鮮のミサイル発射時には、特に着弾情報は自衛隊頼み。文氏の判断は、情報担当部局には大迷惑な話なのだ。情報は『収集→分析→評価→配布』の流れをとるが、今後は米軍が日韓両国に相互に情報を渡す『配布』の場面で機密情報を一部、加工し、渡す作業が煩雑になるなど、3カ国の連携に支障が出るだろう」とした。

日本政府はどう対応すべきか。伊藤氏は「日本は韓国の出方を静観すればよい。議論するだけムダだ。激変する国際情勢に備え、こういうときだからこそ、憲法を改正し、自衛隊の存在を明確に憲法に位置付けるべきだ」と強調した。

かつて朝鮮人民軍と対峙(たいじ)してきた元韓国国防省北韓分析官で、拓殖大学主任研究員の高永チョル(コ・ヨンチョル)氏は「文氏は想定外の行動に出た。政権への支持率低下を、反日をあおり、挽回したいとの思惑があるようだ」と分析する。

スポンサードリンク
韓国軍は文氏の判断をどうみているのか。高氏は「現役の将官らは100%近くが、『まさか』と失望しているはずだ。軍人は敵(=北朝鮮)と戦い、勝利するのを目的にしているが、『このまま北朝鮮に韓国が飲み込まれるくらいならば』と、正義感の強い一部の軍人たちが、政権の指導者に政変(クーデター)を仕掛ける公算がより大きくなった」とみる。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-08-24-k002.jpg

GSOMIA破棄決定直後から外国為替市場では通貨ウォンが急落した。 結果、国内外ともにウォンを買うネタがない。今後さらに下落が進むだろう。低迷する韓国経済にとってとどめを刺したともいえる。 ウォン安は22日も1ドル1200ウォン近辺で推移している。韓国大統領府がGSOMIA破棄の決定を発表した午後6時半過ぎに1ドル1211ウォンまでウォン安が進んだ。自国経済低迷で、企業技術の成長戦略は乏しいわけで、半導体の市場在庫が仮に落ち着いても、サムスンやSKハイニックスで、自国経済が維持できるわけではない。

大半の大手企業は低迷している。まして中小企業は、文氏が最低賃金で零細企業を直撃し、生き残った企業も、自国ホワイト規制で日本を排除した結果、自国企業の輸出負担を強いられた。そして今回のGSOMIA破棄であるから、やっと生き残れた企業にとってはとどめ打ちとなりかねない。次々と自国経済を壊す文氏は、本当に韓国の大統領なのだろうか…。

関連記事

[ 2019年08月24日 09:36 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
親北、離米政策に純粋な大統領にとってGSOMIA終了は避けては通れなかったのでしょうね。ただここまで余波が大きいとは政権与党も思わなかったかも。親北・離米への方向性を国際社会に明確化させた以上、ますます対応すべき課題が増えてきます。スキャンダル問題の処理に加え経済低迷など一番悪いタイミングで舵を切ったのは明白です。ますます目が離せません。。
[ 2019/08/24 16:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp