韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国が世界のテレビ市場で“1位”を奪還

韓国が世界のテレビ市場で“1位”を奪還

2019年8月22日、韓国・中央日報は、韓国が「グローバルテレビ1位」の座を奪還したと報じた。

記事によると、グローバル市場調査企業IHS Markit(マークイット)の調査で、韓国は今年4~6月期に世界のテレビ市場で出荷量(数量)基準のシェア率31.9%を記録し、世界1位となった。今年1~3月期に韓国を抜いて史上初めて世界のテレビ出荷量1位に躍り出た中国は30.8%で2位に下落。日本は1~3月期よりも下落して12.2%を記録したという。

世界最大のテレビ市場である北米(米国・カナダ)でも同様で、中国テレビメーカーのシェア率は1~3月期に32.6%に上昇していたが、4~6月期には20.5%に急落した。記事は「中国テレビの牙城が3カ月天下に終わった理由は、中国テレビを代表するTCLが北米市場で振るわなかったため」と指摘している。

TCLは1~3月期に高い人気を獲得していたが、これは「放出戦略の効果」だったという。業界によると、中国テレビメーカーは1~3月期に北米流通店に供給する出荷量を急激に増やしていた。

スポンサードリンク
米中貿易紛争で中国製品への関税引き上げに対する懸念が大きくなったため、中国企業がその前に安価で多くの物量を放出したという。TCLは1~3月期に世界で844万台のテレビを売るなど前年同期比32.5%増となる数値を記録したが、営業利益率は15.1%と減っていた。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-05-02-sony.jpg

画素単位で光のオンオフを制御する有機ELは、バックライトでパネル全体を照らす液晶と比べ、黒を表示するときに発光しない分、締まりのいい、コントラストの高い映像を実現する。現状、パネルの供給は韓国LGディスプレイに限られている。LG製パネルも以前は輝度が低く「絵が暗いと言われたが、その問題は払拭された。各社競争で価格も下がり手に入れやすくなってきた。

視野角を広げた技術をソニーは「X-Wide Angle」と呼んでいる。これは「光をディスプレー表面まで導く技術の総称」とで、技術的な詳細は明かされていない。ソニーはディスプレーパネルに光をうまく拡散して導く技術を組み合わせることで、VA液晶の欠点を解消した。Z9Fは液晶なので、有機ELほど黒が純粋な黒にはならない。しかし、色の変化の自然さでは、高品質なバックライトを組み合わせた液晶の方が有利な部分があり、さらに「ピーク輝度の強さ」でも液晶の方が有利。視野角問題を解決することで、ソニーはあえて「ハイエンドに液晶を残す」選択をした。

関連記事

[ 2019年08月25日 08:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp