韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  G7、日米首脳が“断韓”会談実施!?

G7、日米首脳が“断韓”会談実施!?

安倍晋三首相は、フランス南西部ビアリッツで24~26日に開かれるG7(先進7カ国)首脳会議に合わせて、ドナルド・トランプ米大統領との日米首脳会談に臨む。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことを受け、自由主義陣営から離脱しかねない韓国への対応策を協議することになりそうだ。

「日本は、北東アジアの安全保障環境に照らし、『日米韓の協力に影響を与えてはならない』との観点で、地域の平和と安定を確保したい」「韓国には国と国の約束を守ってもらいたい」 安倍首相はG7に出発直前の23日、韓国の協定破棄について記者団にこう語った。その表情は、あきれかえっていた。 米国防総省も、警告を無視した文政権への不快感をあらわにし、「GSOMIAの破棄は、文政権の大いなる思い違いなのだと知らしめることになると繰り返し言ってきた」と異例の声明を発表した。

日米両国は、北朝鮮の「核・ミサイル」といった地域の脅威に対し、日米韓3カ国の協力体制で対応してきた。だが、文政権の裏切りで、北朝鮮や中国、ロシアが漁夫の利を得て、北東アジア情勢が不安定になるのは避けられそうにない。

文大統領の狙いは何か。注目の日米首脳会談はどうなりそうか。

スポンサードリンク
国際政治学者の藤井厳喜氏は「文大統領は、日本の輸出管理強化への不満を『米国に泣きつけば日本が妥協し、撤回する』と思ったが、動かなかったため、米国に不信感を持った。GSOMIA破棄をきっかけに意図的に距離を置き、韓国世論を反米に誘導し、『米韓同盟を米国側から破棄させよう』と狡猾(こうかつ)に動いているのではないか」と指摘する。 やはり、文氏は、北朝鮮との「赤化統一」を狙っているのか。韓国国民は地獄を見るのではないか。 日米両首脳が、「断韓」を確認する会談になるかもしれない。
https://news.livedoor.com/

自由貿易や温暖化対策などの分野では、アメリカのトランプ大統領とほかの6カ国の首脳との溝が深く、首脳宣言の取りまとめはサミット史上、初めて見送られる公算で、G7そのものの意義も問われかねないのが実情と各メディアが取り上げている。安倍首相は、日本時間の25日午後、トランプ氏と首脳会談を行い、貿易交渉に関する詰めの協議を行うほか、韓国が通知した「GSOMIA」の破棄についても意見を交わすとしている。

一方で、共同通信など各社報道によると、米通商代表部のライトハイザー代表との協議後に茂木敏充経済財政・再生相は記者会見では、大きな進展があったと伝えている。日本経済新聞は24日午前、米国が日本産の自動車に課している2.5%の関税撤廃は先送りすると報じた。さらに、米国が関税引き下げを求めていた農産品については、牛肉と豚肉を環太平洋連携協定(TPP)と同水準まで引き下げると報じている。

G7サミット直前の23日、トランプ米大統領は2500億ドル(約26兆円)分の中国製品に課している制裁関税の引き上げを発表した。またG7サミットへのロシア復帰も議論された様だ。世界の分裂防げるか、結束確認へ正念場と言う記事見出しが多くなった。

関連記事

[ 2019年08月25日 09:23 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp