韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  トランプ氏が文氏“裏切り”に激怒、G7席上で痛罵

トランプ氏が文氏“裏切り”に激怒、G7席上で痛罵

「韓国の態度はひどい。賢くない。彼らは金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に、なめられている!」 トランプ氏はサミット初日の24日夜(日本時間25日午前)、外交安全保障に関する会議で、こう発言したという。産経新聞が26日朝刊で報じた。

複数の政府関係者によると、トランプ氏は、イラン情勢に関する議論を終えた直後、突然、安倍晋三首相に目を向けると、文氏をこき下ろした。安倍首相は言葉を発することなく、笑みを浮かべただけだったという。 読売新聞も同日朝刊で、トランプ氏が24日夜のG7首脳による夕食会で、文氏を「信用できない人物だ」と語っていたと伝えた。

安倍首相とトランプ氏はG7に合わせて行われた日米首脳会談(25日)で、北朝鮮による「核・ミサイル問題」の解決には、日米韓3カ国の緊密な連携が重要だと確認したという。 トランプ氏の冒頭発言は、その「最大の障害」が文政権であり、GSOMIA破棄決定は、北朝鮮をはじめ、中国やロシアを利することになりかねないことを示している。

トランプ氏の怒りの背景には、文政権のうそもあるようだ。

スポンサードリンク
朝鮮日報(24日、日本語版)によると、文政権はGSOMIA破棄の決定にあたり、「事前に米国に理解を求め、米国は理解を示していた」と説明していた。ところが、トランプ政権の高官は「うそ(lie)だ」「明確に言って事実ではない。ここ(駐米韓国大使館)とソウルの(韓国)外交部に抗議した」と同紙記者に語ったという。 同盟国の首脳や幹部から、「ひどい」「賢くない」「信用できない」「うそつき」と罵(ののし)られた文政権。米韓同盟の行く末も怪しくなってきた。
http://www.zakzak.co.jp/

韓国は国家間で決めたことを自国民に話すと、必ず文句が出て、政府が決めた事への反発が勃発する。政府は自国民へ説得すら出来ずに、結果いつも後で決めごとが覆される。そのたびに国家間の条約であれ何であれ、関係なく破棄される。韓国政府の土台は、自国民の意思の上に成り立っている。

特には反日は言うまでもなく、後出しで覆る。理解が薄いから、細かいことがすぐ大きくなり暴動化する異常さだ。韓国政府はこの異常さを利用する政治のために、ますますひどい政治となる。その一方で、経済政策などでは、自国民に対し、強く出る韓国政府。これは問題が勃発すれば、税金で対応するという負の連鎖が、常識化していることにある。

今の韓国は、世界中の外交の中での決め事は韓国民には通用しない。自己都合で暴動化で自国政府はすぐ覆す。大統領とはいえ自国民の支持で成り立つ政府なだけに、異常な状態がますます異常値となる。結果、自国民に都合が悪そうな内容をひたすら隠す。日本の敗戦後の日本が実施したODAやインフラは、戦後70年も経過する中で、判明したのはネット上からの拡散であるから、言葉を失う。

そして今、反日を政治利用し、政権維持に努める文政権は、条約であれ、慰安婦合意であれ、自国民に受け入れられないという理由で、平気で約束を破る体質が常用化したわけで、これでは国際社会で通用しない。まして隠蔽の国である。ウソにウソを重ねるほどに、後で首が絞まるのが自国大統領の末路となる。

関連記事

[ 2019年08月26日 18:50 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp