韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米企業、対中貿易摩擦悪化でも中国完全撤退は難しい

米企業、対中貿易摩擦悪化でも中国完全撤退は難しい

2019年8月25日、米華字メディア・多維新聞は、米中貿易戦争がエスカレートする中でも米国企業が中国拠点を完全撤退させることは難しいとする米メディアの報道を伝えた。

記事は、米国が9月に発動予定の新たな対中制裁関税に対し、中国政府が23日に米国産の原油や農産物約750億ドル(約7兆9000億円)分に追加関税をかける報復措置を発表した後で、トランプ米大統領が「米国企業はすでに中国でのビジネスに代替するプランを模索し始めた」とコメントしたことを紹介した。

そのうえで、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版が先日、中国に代わる産業集約群を作るのは決して簡単なことではなく、代替候補となるベトナムは廉価な労働力を提供する一方で人口が中国よりもはるかに少ないうえ、交通インフラのキャパシティーが不足していると伝えたほか、インドについても技術レベルが低い、政府による規制が多いといった問題点を抱えていると報じたことを伝えている。

スポンサードリンク
また、米国商業界のリーダーが「米中が長期的な争いを続けることを想定して準備している。中国から完全撤退する企業は何社もない。ただ、中国に多くの生産活動を集中させている企業は、事業を多くの地域に分散させることを画策している」と語ったとしている。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-06-30-k001.jpg

今までのアメリカは、経済成長の結果、内需が拡大していての赤字となる。アメリカの過去40年の累積赤字の本質と言える。貿易赤字であっても、自国民の消費は莫大だ。結果、内需の勢いが、国内だけの生産力を追い越しただけである。そして足りない分を、輸入で埋め合わせた。その分は投資や経済成長によってGDPが伸び続ける。経常収支が所得-内需と考えれば、所得以上に内需が拡大し、さらに輸入による自国民の消費意欲は莫大なのか米国の特徴となる。

輸入が減少するほどにこの消費は縮小する。追従するかのように内需まで縮小し始める。このような貿易は米国にとっては不利益となる。トランプ氏の政治利用で自国経済を低迷させ、内需縮小に消費低迷では、大統領として実施している内容は、韓国の文氏とさほど変わりはない。

関連記事

[ 2019年08月27日 09:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp