韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「GSOMIA再検討も」 日本が不当措置撤回なら=韓国首相

「GSOMIA再検討も」 日本が不当措置撤回なら=韓国首相

韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は27日、政府・与党・青瓦台(大統領府)会議で、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が終了する11月23日までまだ3カ月程度あるとしながら、「この期間に打開策を見つけ、日本の不当な措置を原状回復し、(そうすれば)われわれはGSOMIA終了を再検討できると考える。両国が真剣な姿勢で対話することを願う」と述べた。

GSOMIA終了を決定したことについては「日本政府が安全保障上の信頼が損なわれたことを理由に輸出の優遇国、ホワイト国からの韓国除外を決めた場面で、われわれが軍事情報を共有することは国益と名分に合致しない」とした。

李氏は、日本が韓国をホワイト国から除外する政令があす28日に施行されるとしながら、「私は日本政府が事態をこれ以上悪化させないと信じる。事態を悪化させなければ韓日両政府が現状を打開できると判断する」と強調した。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
韓国政府と言うのは、都合悪くなると後出しで変更してくるわけで、何とも意地汚い連中である。自作自演の自己都合ドラマを見ている様だ。この国の好き勝手な態度対応に、日本政府は開いた口が塞がらないのではないか。

スワップ協定の終了に慰安婦合意の破棄、徴用工訴訟問題と条約無視、日韓貿易規制で逆恨みしてのGSOMIA終了であるから、どこをとっても汚い連中としか言いようがない。

挙句に韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定を受け、「日本は追加輸出規制措置を打ち出すかもしれない」と語っている。さらに「いつ、どのような方法で日本の報復が韓国企業を襲うか見当も付かない」とも話している。

日本は毅然とした対応でしかないのが、報復に変わり、日韓貿易規制で逆恨みしてのGSOMIA終了で、日本は報復するとしている。日本は韓国を今後相手にしないだけである。

関連記事

[ 2019年08月27日 09:35 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
ホンマかいな、そうかいな
GSOMIAとホワイト国除外はそもそも違う問題なのに、小学生レベルの国、韓国。訳が分からない。
[ 2019/08/27 20:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp