韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国外交部「安倍首相の主張、決して受け入れられない」

韓国外交部「安倍首相の主張、決して受け入れられない」

安倍晋三首相が「韓国が国家間の約束を守っていない」と述べたことを受け、韓国外交部が「決して受け入れられない」と反論した。

外交部当局者は27日、定例ブリーフィングでこのように明らかにした後「日本こそWTO(世界貿易機関)協定に反して自国が議長国として採択したG20(主要20カ国・地域)首脳会議の宣言文にも真っ向から反する一方的な経済報復を持続している」と指摘した。引き続き「われわれは日本がこのような不当な経済報復を直ちに撤回することを促す」と強調した。

これに先立ち、安倍首相は6月末、日本大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議の宣言文で「自由、公平、無差別で透明性があり予測可能な安定した貿易及び投資環境を実現し、われわれの市場を開放的に保つよう努力する」と明らかにしたことがある。

この日、当局者は「韓国政府は韓日請求権協定を否認しておらず、日本の不法的な植民支配および侵略戦争の実行と直結した日本企業の反人道的な不法行為にともなう慰謝料は請求権協定の適用対象に含まれないという大法院(最高裁)の判断を尊重するという立場」と明らかにした。

スポンサードリンク
2019-07-11-k003.jpg

また、日本が韓国を輸出手続簡素化の優遇対象である「ホワイト国」(ホワイトリスト)から除外する輸出貿易管理令を28日から施行することに対しては「韓国政府は外交チャンネルを通じて日本側の輸出規制措置は不当で、早急な撤回、そして問題解決に向けた対話が必要だという立場を持続的に促してきた」とし「今後もそのようにしていく予定」と話した。 今月26日(現地時間)、安倍首相はフランス・ビアリッツで閉幕した主要7カ国・地域(G7)首脳会議後に開かれた記者会見で韓日関係の悪化に関連した質問に「私は(韓国に)国家間約束を守るようにと促したい。国家間の約束を守れ」という既存の立場を繰り返した。
https://news.livedoor.com/

韓国は取り返しがつかないところまで行ってしまった感がある。自作自演の度が過ぎたという事だ。何もしていない日本は高みの見物となる。勝手に騒いで、日本をホワイト国から除外し、回りまわって自国の中小企業を直撃し、挙句に部材や化学物質等などへの投資を実施するとしたわけで、税金投入は、自国民の増税で対応することになり、今までの低迷した企業への税金投入は、自国民の税金であるから、気が付いた自国民が暴動化するのは間違いない。すでに増税で自国民の首は絞まっている。

挙句に日本製品ボイコットは、関連零細企業を直撃する。ホワイト国から日本を除外し、日本への輸出に頼る自営業や零細企業は大きな負担となる。韓国政府は、自分たちで自国企業を苦しめては大騒ぎし税金投入する。税金投入が経済対策と言う自国民の概念がある以上、苦しい生活を強いられる。経常収支以前の問題である。

関連記事

[ 2019年08月28日 09:10 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp