韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国のサービスロボット市場規模、2019年は22億ドルに

中国のサービスロボット市場規模、2019年は22億ドルに

中国電子学会がこのほど発表した「中国ロボット産業発展報告書2019」によると、中国の今年のサービスロボット市場規模は22億ドルに達し、世界の約4分の1を占める見通しだ。

サービスロボットは通常、やや複雑な環境において人類に必要なサービスを提供する複数種類のハイテクを集約した先進的なロボットを指す。主に家庭用サービスロボット、医療サービスロボット、物流・金融などの分野の公共サービスロボットが含まれる。

情報技術の急発展とインターネットの急速な普及に伴い、人工知能(AI)が高度成長を迎えている。それと同時にAI技術をよりどころに、スマート公共サービスロボットの応用シーンとサービスモデルの拡張が続き、サービスロボットの市場規模の急成長を促している。

同報告書は、駐車ロボット、ロボット店員などの新興応用シーンにおけるロボットの急成長に伴い、中国のサービスロボット市場規模が2021年に40億ドル近くに上ると予想している。

スポンサードリンク
中国科学技術協会常務副会長を務める中国科学院院士の懐進鵬(ホワイ・ジンポン)氏は「変革の時代におけるロボット技術は日進月歩で、ネットワーク化・スマート化・融合化の流れが日増しに顕著になっている。新旧の原動力の転換を加速させ、デジタル経済とスマート製造の協同発展を促進し、人々の仕事と生活を絶えず変化させてきた。多くの先進的なコア技術の進展が相次ぎ、新製品が爆発的に成長し、産業が繁栄している」と述べた。 同報告書によると、今年の世界ロボット市場規模は294億1000万ドルに達し、2014−19年の年平均成長率は約12.3%に上る見通しだ。
https://www.recordchina.co.jp/

中国電子学会は、「中国ロボット産業発展報告2019」で、中国のロボット産業市場規模は2019年、86億8000万ドル(約9200億円)に達するとの見通しを示した。北京市でこのほど開催された「世界ロボット大会」で発表されたもので、内訳は産業ロボットが57億3000万ドル、サービスロボットが22億ドル、特殊ロボットが7億5000万ドル。14~19年の年平均市場成長率は20.9%に達するとした。

また2025年世界市場予測(2017年比)で、業務・サービスロボットの世界市場 5兆7,479億円(4.4倍) となると試算している。人手不足解消や作業員の負担軽減を目的として、オフィスや医療・介護現場、物流現場などで需要が増加している業務・サービスロボット関連の世界市場を調査した結果を「2018 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.2 業務・サービスロボット市場編」にまとめている。

この調査では、業務・サービスロボット29品目、ソフトウエアロボット7品目、ロボット関連サービス4品目の国・地域別の市場動向について、現状を分析し将来を予想している。2025年の市場は2017年比4.4倍の5兆7,479億円が予測される。特に、物流・搬送用、家庭用、その他の伸びが拡大をけん引するとしている。

関連記事

[ 2019年08月30日 08:13 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp