韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ソウルのホテルが頭を悩ます中国人観光客の詐欺、その手口は?

ソウルのホテルが頭を悩ます中国人観光客の詐欺、その手口は?

2019年8月27日、韓国・東亜日報は、ソウルのホテルが中国人観光客の「カード決済詐欺」に頭を悩ませていると報じた。

記事によると、ソウルのホテルでは最近、中国人観光客による詐欺が相次いでいる。その手口は、予約した部屋のチェックイン前にクレジットカードで決済し、その後当該カードの紛失届けを出してカード会社の支払いを防ぐというもの。具体的には、1.宿泊予約サイトなどで予約後に宿泊客がホテル側に前払いすると連絡、2.ホテル側が電話やメールで宿泊客のクレジットカード番号を教えてもらい、端末機で「Key In決済」をする、3.宿泊客のチェックイン時にホテル側が前払いしたクレジットカードとパスポートなどの身分証を照会して同一人物であるか確認、4.宿泊客は中国に帰国後「決済したカードを紛失した」とカード会社に申告、5.カード会社が「Key Inまたは電話承認の取引は正常の取引として認めない」という規定により支払いの停止処理を行う、という方法だ。

ホテル関係者は「大手ホテルは弁護士を選任して対応するが、民宿やゲストハウスのような小規模の宿泊業者はこうした被害を受けるとお手上げ状態」と説明した。また別のホテル関係者は「4、5つ星級のホテルが被害を受け、50万ウォン(約44万円)から1000万ウォン(約87万円)以上の被害が発生したこともある」と話した。被害に遭ったホテルは「現地決済のみ可能」という内部規定を設けて対応している。

スポンサードリンク
また、宿泊客が中国へ帰国した後は身柄の確保が難しく、警察でも捜査が難航している。警察関係者は「微博(ウェイボー…中国版ツイッター)など、中国のオンラインサイトを中心に犯罪手法が拡散している可能性がある」とし、ホテルを含む韓国内の宿泊施設に注意を呼び掛けているという。
https://www.recordchina.co.jp/

韓国KBSの報道では、「ソウルのある化粧品店で定価約5000円の馬油が5分の1の値段で売られていて、店内には中国人客が殺到していたが、店は現地の韓国人客に対しては『外国人専用』と販売を拒否。韓国の記者が生産者を調べたところ、商品は全て偽物であることがわかった」「有名なフェイスマスクも偽造品が氾濫している。一見したところ見分けがつかないものもあるが、偽物のマスクは劣悪な環境下で作られていて、衛生基準を満たしていない」などと伝えている。日中どっちもどっちと言うべきだろうか。詐欺対決と化している。

2019-08-31-k001.jpg

また日本観光庁によると、平成30年訪日客消費額(インバウンド消費額)は、4兆5千億円と過去最高を記録し、過去6年連続で最高額を更新した。しかし、訪日客による日本国内消費が好調に続く一方、外国人犯罪グループによる、偽造クレジットカード詐欺事件も増加していると警笛を鳴らす。警視庁によると、平成29年の偽造クレジットカードの事件摘発数は、総数75件あり、そのうちマレーシア人による犯行は33件でした。(マレーシア最多、ついで中国、台湾)平成27年、28年のマレーシア人による犯行は0件、この1年間で急増しているとの事。

関連記事

[ 2019年08月31日 08:33 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp