韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本が2カ月でフッ化水素輸出規制解くも…業界「安心するのは早い」

日本が2カ月でフッ化水素輸出規制解くも…業界「安心するのは早い」

「まだ安心するのは早い。日本への依存度を下げる供給多様化は推進し続けるだろう」 これは、29日に日本の経済産業省がフッ化水素の韓国輸出を承認したことについて、韓国のある半導体メーカー役員が翌30日に語った言葉だ。今回の輸出承認で半導体材料不足のリスクはある程度緩和されたが、日本はいつでも同じ形で韓国の半導体産業に圧力を加える可能性があると見ているのだ。

日本政府は先月4日、フッ化水素・極端紫外線(EUV)用レジスト(感光材)・フッ化ポリイミドという3つの材料の韓国輸出規制を開始し、1カ月間供給しなかったが、今月7日と19日にEUV用レジスト輸出を、続く29日にはフッ化水素輸出を承認した。29日に承認されたのはサムスン電子向けのもので、SKハイニックス向けのものは30日現在承認されていない。

このためかろうじて持ちこたえたものの、日本政府が同材料の輸出を申請件ごとに承認する状況には変わりがない。一部では、今回のフッ化水素承認の背景に、国際世論を友好的に変えようという日本政府の政治的判断もあったと見られている。

日本に端を発する材料リスクを軽減させようと、サムスン電子とSKハイニックスは国産化・供給多様化を引き続き推進する方針だ。製造工程で必要な日本製フッ化水素をすべてなくし、別のフッ化水素を投入するということではないが、日本製の供給がとどこおった場合を考えてこれに代わる方法は用意しておくということだ。

スポンサードリンク
両社とも、液体フッ化水素(フッ酸)については韓国企業soulbrainの製品を入手してテストしており、9月中旬ごろ、第1次テストの結果が出る予定だ。品質検証結果によっては、早ければ年末にも大量の国産液体フッ化水素を実際の製造工程に投入することも可能だ。SKグループの材料分野系列会社であるSKマテリアルズは年内に気体フッ化水素の試製品を出す計画で、サムスンとハイニックスはこの試製品が出ればすぐにテストする方針だ。
http://www.chosunonline.com/

2019-05-25-k001.jpg

記事題名は、フッ化水素輸出規制解くも…。。。
日本の貿易は規制であって、制限ではない。規制を解除することは無い。輸出手続きをしっかり実施すれば、輸出するという事だ。韓国メディアも不思議な記事題名を書く。よほど日本の規制が制裁に感じるのだろう。だがこれによりフッ化水素を北朝鮮へ不正に輸出することは出来ない。がしかし低純度のフッ化水素は、中国企業でも生産している。引き続き、瀬取り監視を強める必要がある。

韓国は日本のホワイト国と言う位置付けを利用し、不正に利益を上げてきたと考えれば、今の異常行動は理解できる。と言うかむしろそう世界に報じているようなものである。韓国メディアも自国政府も必至であるから、そういう部分については語らないが、今までどれだけ稼いできたかは、想像の域を超えそうだが、国家予算が膨大に拡大できた理由でもある。そもそも国家予算の半分が外責で、政府は借金返済で大忙しである。韓国政府の外交は借金外交と呼ばれるわけで、どうやらその意味は不正輸出で得てきた利益減少があるのだろう。と考えるのが自然である。

関連記事

[ 2019年08月31日 09:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp