韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の主要10企業グループ業績・時価総額 現代自が唯一改善

韓国の主要10企業グループ業績・時価総額 現代自が唯一改善

韓国の上場企業の利益減少が続く中、主要10企業グループのうち現代自動車グループだけが営業利益と株価がはっきりと改善され注目される。 金融情報を提供するエフエヌガイドによると、現代自動車グループの上半期(1~6月期)の連結決算は営業利益が5兆7753億ウォン(約5067億円)で、前年同期(4兆8694億ウォン)に比べ18.60%増加した。主要10企業グループのうち唯一増加した。

SKグループ(マイナス59.79%)、サムスングループ(マイナス53.04%)、ハンファグループ(マイナス50.64%)は営業利益が前年同期より50%以上減少した。主要10企業グループ全体の営業利益は39兆8038億ウォンで、同44.51%減少した。 業績見通しも現代自動車グループの好調が目立つ。

証券会社3社以上の業績予想がある現代自動車グループの上場企業の今年の年間営業利益見通しは前年比43.0%増の11兆5942億ウォンで、SKグループ(11兆5879億ウォン)を僅差で抑え、サムスングループに次いで2位を記録すると予想された。 主要10企業グループのうち、現代自動車グループ、現代重工業グループを除き今年の営業利益が前年より減少すると予想されている。 現代自動車グループは業績改善に伴い株価も他のグループと対照的な動きをみせている。
  スポンサードリンク
同グループの上場企業の時価総額(3月に新規上場された現代オートエバーを除く)は8月29日現在、87兆4588億ウォンで、今年に入り10.10%増加した。 時価総額1位のサムスングループと2位のSKグループはそれぞれ3.10%増、0.37%増にとどまり、残る7グループは減少した。 現代自動車グループが好調ぶりをみせている原動力は▼昨年の業績不振の反動▼ウォン安効果▼スポーツタイプ多目的車(SUV)中心の新車発売効果――が挙げられる。
http://www.chosunonline.com/

2019-09-01-k001.jpg

現代自が好調と言うが、数か月分の新車在庫を抱えている。すでに新古車に近い状態になりつつある。これをどう対応するのだろうか。また国内の自動車ローン返済不可も増加している。不動産ばかりに気を取られがちだが、毎年自動車ローン返済は問題となっているが、メディアは報じない。従ってよい計上しか目にしないが、内情は厄介な現代自となる。たしかに前年が悪かっただけに、好調と言うには遠い話だが、売れているのは事実。だが、今年は8月が終わり、今年はあと4カ月しかない。中国そして米国の比率が高いだけに、日系企業と比較しても大きく差が広がっている。

今の韓国では、米国に逆らうほどに、トランプ大統領は韓国車に関税爆弾を仕掛けるのではないか。韓国内の米国自動車企業も早期に撤退するだろう。

関連記事

[ 2019年09月02日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp