韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国半導体産業「もろさ」露呈…日本半導体関係メーカー幹部「恩を仇で返された」

韓国半導体産業「もろさ」露呈…日本半導体関係メーカー幹部「恩を仇で返された」

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことで、日米両国の怒りが爆発寸前になっている。こうしたなか、韓国が世界一を誇る半導体産業が今後、危機に直面しそうだ。この分野は、かつて日本が世界を牽引(けんいん)していたが、「ハニートラップ」といった“反則技”などもあり、虎の子の技術を奪われた。日米は、裏切り者の韓国に最新技術を渡すことはない。

「技術者を引き抜けば何千万円も人件費がかかる。ハニートラップは成功して脅せば数十万円ですむ」と語る。 電子機器を制御する重要部品である半導体。日本はこの分野で1990年代まで世界を牽引していた。1986年の日米半導体協定で、外国産半導体の調達を自主的に行うことになり、韓国企業に技術を供与して半導体を作ってもらった。 それをきっかけに、韓国の半導体産業は飛躍した。DRAM(記憶素子)や、東芝が発明したフラッシュメモリー(情報の一括消去可能な記憶素子)など、汎用(はんよう)技術に基づく半導体を大量に生産して安値販売し、赤字覚悟でシェアを奪う戦略で成長した。

2000年前後は、日本企業が汎用半導体部門を縮小した時期で、人についた技術が流出したとされる。日本の半導体産業は10年ごろまで、そうした流出技術を活用したと思われる韓国製品との競争に苦しんだ。

スポンサードリンク
(中略) 韓国勢のつくる主な半導体は市況につられ価格が乱高下する汎用品で、その生産に特化した強い企業が数社あるのみだ。そうした製品の利益率は低い。半導体の検査、製造機械、製造原料などを供給する企業は韓国内にほとんど育たず、今でも日本に依存している。 高付加価値品は日米メーカーが強く、韓国メーカーはライセンス生産に甘んじている。自社開発も試みているが、なかなか成功しな()い。
http://www.zakzak.co.jp/

2015-04-09-sa-2.jpg

日本の部材と設備を使って、製造するのが韓国半導体企業である。微細化技術と言うが、日本の部材と設備がなければ対応はできない。SUMCOは半導体の基板材料であるウエハーで世界2位で、信越化学工業とともに韓国サムスン電子などに供給している。シリコンウエハー大手のSUMCOが6日発表した2019年1~6月期の連結決算は純利益が前年同期比18%減の229億円。半導体需要が低迷し、ウエハーの販売量が減った事が理由だ。

輸出管理が厳格化された3品目のうち、半導体の洗浄などに使うフッ化水素について、韓国の半導体メーカーは十分な在庫を持っていない可能性が高い。フッ化水素が不足して半導体の生産全体に支障が出た場合、顧客と長期契約を結んでいても、ウエハーを無理やり出荷はできない可能性もある。日本経済新聞は、ウエハーの足元の需要については、米中摩擦で「米国の半導体メーカーの引き合いが落ちてきている」とも伝えている。

関連記事

[ 2019年09月02日 09:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp