韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本から輸入していた「高純度フッ化水素」、LGディスプレーが国産化に成功

日本から輸入していた「高純度フッ化水素」、LGディスプレーが国産化に成功

韓国のパネルメーカー大手のLGディスプレーが、日本から輸入してきた「高純度ッ化水素」の国産品代替に成功した。1日、LGディスプレー側によると、最近、LGディスプレーは国内のある企業が供給したフッ化水素安定性テスト過程を終えて今月中に生産工程に適用する予定だ。

フッ化水素は半導体やディスプレー洗浄工程に必要な核心素材だ。日本は今年7月、韓国に対する経済報復措置を発表してフッ化水素をフッ化ポリイミド、フォトレジストとともに輸出規制品目に指定した。

サムスンディスプレーも今月中に国産化テストを終わらせると伝え、国内ディスプレー企業の日本産フッ化水素輸入の依存度は今後低くなるものとみられる。

LGディスプレーは直ちに国産フッ化水素を使っても生産量が充分ではないため、当分は日本産輸入を併行する方針だ。LGディスプレー側は「取引先に関連することは確認することはできない」と話した。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
これまで LGディスプレイは、日本ステラ社の高純度フッ化水素を輸入して使用してきた。業界関係者は、「テストが完全に終了したわけではない経過が良い」とし「早ければ今月中に量産することができるだろう」とした。LGディスプレイは、テストが完了したら、すぐにフッ化水素製造作業に着手する予定との事だ。

ただし高純度フッ化水素を量産しても生産量が十分ではないとも伝えている。当分の間は、国産の代替ながら日本産の輸入を並行する。フッ化水素は、半導体とディスプレイ洗浄工程に必要なコア材料として、先に日本はフッ化ポリイミド、フォトレジストと一緒に輸出規制品目に指定した。LG側のフッ化水素テストの成功は、半導体やディスプレイ核心素材の国産化を導いたという点で、日本産の輸入への依存度を下げる契機になるものと思われる。

LGディスプレイだけでなく、SKハイニックス、サムスン電子などの他の半導体企業もフッ化水素国産化作業に拍車をかけている。
https://news.naver.com/

現実はコストや製造方法などを含めた特許包囲網の調査には時間がかかる。従って日本から輸入したほうがコストは安いはず。韓国が高純度フッ化水素の製造に成功したといっても、日本はもっと高純度に製造しているだろうと考えれば、その技術には大きな差がある。保管まで含めての特許包囲網の調査期間はとても長い時間がかかる。結局は、日本企業にライセンス料を払って製造することになるのではないか。

関連記事

[ 2019年09月02日 09:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp