韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  石破茂氏が「戦争責任」発言で炎上 ネット「鳩山由紀夫元首相ソックリ」

石破茂氏が「戦争責任」発言で炎上 ネット「鳩山由紀夫元首相ソックリ」

自民党の石破茂元幹事長率いる石破派は1日、神奈川県小田原市で夏季研修会を開いた。「ポスト安倍」に意欲をみせる石破氏だが、最近では存在感を発揮できない状況が続いている。

「何のために政権を担うのかという準備をしておかなければならない」 石破氏は次期総裁選について、こう記者団に語った。党員票に強いとされるが、国会議員の支持拡大は難航。同派所属議員は現在19人で、総裁選立候補に必要な推薦人20人に満たない。

自身の言動も求心力低迷に拍車をかける。

石破氏は8月23日付のブログで、韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた背景に「日本が敗戦後、戦争責任と正面から向き合ってこなかったことが問題の根底にある」と主張した。

派内からも、「石破氏はどこの国の立場を代弁しているのか」と突き放す声が上がり、ネット上では「失望した」「情けない」「鳩山由紀夫元首相とソックリ」といった批判が多々みられる。
http://www.zakzak.co.jp/

スポンサードリンク
産経ニュースは、民党の石破茂元幹事長は23日付の自身のブログで、韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて、「日韓関係は問題解決の見込みの立たない状態に陥ったとし、わが国が敗戦後、戦争責任と正面から向き合ってこなかったことが多くの問題の根底にあり、さまざまな形で表面化している」と分析したと報じている。 さらに石破氏は、明治維新後の日韓関係を再考する必要性を強調し、「(ナチス・ドイツの戦争犯罪を裁いた)ニュルンベルク裁判とは別に戦争責任を自らの手で明らかにしたドイツとの違いは認識しなくてはならない」とも指摘している。

次期総理を狙う人材にしてはお粗末だろう。日本の戦争責任というが、日本と韓国は戦争をしていない。韓国は無条件降伏してきたわけで、戦争を避けたわけである。にもかかわらず日本は、有償。無償のODAとインフラの実施で、韓国の再建に貢献した。日本が戦争するには理由があったわけで、日本政府はしっかり答えなければ駄目だろう。戦争を一度始めれば、止めるきっかけがつかめないのも事実。米国の核爆弾投下と言う禁じ手で、日本は敗戦した。とはいえ、戦争責任は果たしただろう。また関連する国内外に天皇陛下自らから、つい最近まで謝罪されて来たわけである。

特に日韓問題においては、戦争はしていないのだから、戦争責任はない。だからODAで対応した。人権問題部分においては、無条件降伏とはいえ、条約に詳細な文言まで掲載していないが、慰安婦や徴用工訴訟問題は、本来韓国内の問題となる。韓国政府が対応すべき事案となる。日本は請求権協定を凍結し、有償と無償とのODAと、完全たる解決としているわけで、日本は敗戦の重荷から復権したにもかかわらず、今頃戦争責任問題云々と話をすること自体が間違いとなる。韓国政府は解決している事への説明を自国民に話さなかっただけである。自国民に話をしてこなかった韓国政府の責任のほうが重い。

関連記事

[ 2019年09月02日 19:06 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
石破茂氏は韓国の共に民主党の党員?
日本の政治家ならば戦後日本がどれだけ償いを行って来たか、また韓国がどけだけ卑劣な方法で日本から賠償金を巻き上げて来たかを勉強すべきである。
[ 2019/09/02 22:46 ] [ 編集 ]
無能
石破は日韓の歴史を勉強しているそうだが、朝日新聞で勉強しているのか?
コイツは、防衛大臣だった時にはかなり強硬な右派の発言をしていた。
それが総裁選に負けたら意見を180度変えてしまう変節漢、と言うよりアホで何も考えていない。
こんなアホが総理になったら、それこそ日本の悲劇。
[ 2019/09/03 09:34 ] [ 編集 ]
大臣浪人が長すぎて、もう賞味期限切れだろう。
[ 2019/09/03 22:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp