韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  竹島有事の際、韓国艦艇は日本より3時間遅く到着 

竹島有事の際、韓国艦艇は日本より3時間遅く到着 

2019年9月2日、韓国・KBSは「独島(日本名:竹島)での有事の際、韓国側の艦艇の独島への到着は日本より3時間も遅れることが分かった」と報じた。

記事によると、2019年8月末現在、韓国海洋警察の艦艇が蔚珍(ウルチン)郡竹辺(チュクビョン)を出港し20ノットで航行した場合、竹島までの距離は216キロで到着までに5時間50分を要する。30ノットの大型艦艇も浦項(ポハン)に1隻、東海(トンヘ)に2隻配備しているが、竹島まで最短距離に位置する竹辺は小規模港のため、中・大型艦艇の停泊が不可能だという。一方、日本は隠岐島から竹島までの距離が158キロで、30ノットで航海すれば2時間50分で到着できるという。

韓国政府はこの問題の解決に向け、国防部と海洋水産部の予算1085億ウォン(約95億円)を投じ、鬱陵島(ウルルンド)の沙洞(サドン)港を大型艦艇の停泊を可能にする工事を進めており、20年7月の完工を予定している。完工後は、竹島までの距離は87キロで、20ノットで航行しても2時間20分で到着できるという。

スポンサードリンク
海洋警察は「沙洞港から対応すれば、偶発事態の発生時に日本より迅速に対応できる」「独島海域警備中の大型艦が天候不良時に退避することができ、燃油節減効果もある。海洋主権守護の対応能力が全面的に向上する効果がある」とコメントしている。大型艦艇、中型艦艇を2~3隻、配備する計画もあるという。 ただ記事は、沙洞港の工事が当初12年着工、15年竣工の予定だったことから「独島挑発が頻発している中、政府政策の遅さに批判の声が上がっている」とも伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

2011-08-09-takesima.jpg

竹島は一時公害でごみの山と化したわけで、反日があるたびに整備される。問題は海の汚染もあり、こちらは簡単ではない。有事の際というが、過去には竹島爆破計画もあったが、空振りに終わっている。 一方、北朝鮮のミサイルテストでの標的となりやすいとも言いつつ、今だ竹島を標的にしたことは無い。今後は解らない。弾道ミサイルの精度テストで標的にすれば、北朝鮮が竹島爆破を実施することになり手間が省けるのだが。

現時点では実効支配している韓国側のほうが有利だ。竹島が毎年の様に反日ネタになるのでは、爆破と言う手段は有効的ではある。北朝鮮が竹島に弾道ミサイルを撃ち込むと、間違ったで済むのだろうか…。

関連記事

[ 2019年09月03日 15:27 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp