韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  GSOMIA破棄なら半島危機も ソウルが金正恩に占領される

GSOMIA破棄なら半島危機も ソウルが金正恩に占領される

韓国・文在寅政権が破棄を決定したGSOMIA(軍事情報包括保護協定)について、「協定破棄で大きなリスクを負うのは、むしろ韓国のほうだ」と専門家は指摘する。海上自衛隊で自衛艦隊司令官(海将)を務めた香田洋二氏はこう語る。

「喫緊の課題である北朝鮮の弾道ミサイルに対する防衛に着目すれば、韓国が被るダメージが大きいと考えられます。1998年のテポドンの日本列島上空通過を受けてミサイル防衛システムを整備した日本の場合、破棄されても協定があった時を仮に100点としてみれば、およそ及第点85点の水準を維持できます。しかし、韓国は自前のミサイル防衛システムを持っていません」

それだけではない。日本は事実上の偵察衛星である情報収集衛星を7基運用しているが、韓国の保有はゼロだ。「P-1、P-3Cといった洋上哨戒機を日本は73機保有していますが、韓国は18機。電波情報収集機という最新鋭の航空機を日本は5機保有していますが、アメリカ以外で運用しているのはわが国だけです。GSOMIAの破棄の結果、韓国は高度に整理されたこれらの情報を共有する資格を失います。今後、北朝鮮が今にもミサイル攻撃を始めるという段階に至った際、情報を入手できない事態に直面するでしょう」(同前)

スポンサードリンク
韓国は、戦後一貫して米国と行動をともにすることで自国の安全保障を確立してきた国だ。韓国国防部(省)も継続を求める中、青瓦台(大統領府)主導の今回の決定に、不穏な兆候を感じるのは軍事ジャーナリストの井上和彦氏だ。 「GSOMIAの維持の要請と並行して、韓国はアメリカから在韓米軍の防衛費分担金について現在の1兆389億ウォン(905億円)から約5倍に引き上げるよう圧力をかけられていました。あくまで推察ですが、北朝鮮に対する思い入れから南北統一を目指す文在寅政権はアメリカの要請に反する協定破棄の決定を通じて、暗に〈在韓米軍も撤退してほしい〉と伝えようとしていたのではないか」
http://www.zakzak.co.jp/

文大統領は、GSOMIA排除に北朝鮮との統一妄想であるから、日本を敵国視し、挙句に米国排除に動いたわけで、必要なのは北朝鮮の核となる。ところが記事にある様に、北朝鮮が暴走して地上部隊を南進させれば、軍事境界線からわずか約40kmの距離にあるソウルは火の海になりかねない。1950年6月に北朝鮮軍が突如、38度線を突破して南進を始めた際の記憶がよみがえる。 北朝鮮は米国から自国を守るための核保有であり、南朝鮮(韓国)に渡すためのものでは無い。

在韓米軍撤退への動きは、北は南の制圧を目論んでいるだろうから、南朝鮮(韓国)の動きは大失敗に終わったという事だ。北朝鮮へ陰で支援し、日本への対抗心で核保有或いは核弾道ミサイルを建造中の潜水艦へ搭載するという目論見も、すべてを失うことになる。 一方で、米国がインド太平洋地域での活動をにらみ、2020年から在韓米軍に配備しているF-16戦闘機をF-35A戦闘機に切り替える計画を進めている。在韓米軍には現在60機のF-16が配備されている。これがすべてF-35Aに切り替えられ、韓国空軍が購入する40機と合わせると、韓国国内のF-35Aは100機となる。

日本と合わせれば、25年までに同地域における米軍と同盟国のF-35の数が220機を超える。すでに日米は在韓米軍を含めて、中国をターゲットに日本と動いている。韓国は米国の動きの中で、どうもがくのだろうか。

関連記事

[ 2019年09月04日 17:22 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
文在寅はそれほど深く考えていないでしょう。
一番が支持率だから、大衆受けするアクションでいく。
大衆は長年、反日親北教育されて、そこへ反米をプラス、
半島統一したら人民には何が起こるか、韓国在住脱北者の
ありさまをみれば想像がつく。
[ 2019/09/04 21:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp