韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  対韓輸出規制にも余裕のサムスン、東京で「超格差」アピールへ

対韓輸出規制にも余裕のサムスン、東京で「超格差」アピールへ

2019年9月3日、韓国・マネートゥデイは、サムスン電子が4日、東京・品川インターシティホールで、予定通り「サムスン・ファウンドリー・フォーラム」を開催すると伝えた。

同フォーラムは、サムスン電子が毎年、米中など主要国を回り、ファウンドリー(半導体委託生産)事業を紹介し顧客企業を誘致するため開催しているもので、今年で4回目となる。

東京では同社のファウンドリー事業を総括する鄭殷昇(チョン・ウンスン)社長が出席する。鄭社長は7月にソウルで開催されたフォーラムで「どのような危機が訪れようと必ず克服し、皆さんに信頼をお届けする」とコメントしていたという。

また、モバイルデバイス向けSoC「Exynos 9825」など7ナノメートル極端紫外線(EUV)プロセス製造の製品や、来年から本格的に稼働するEUV専用生産ラインを紹介する。EUVプロセスに必須のフォトレジスト(感光材)は日本が対韓国輸出規制対象に指定しているが、記事は「サムスン電子はこのフォーラムで、最先端の超微細プロセスでも『超格差』をアピールする」と伝えている。

スポンサードリンク
ある業界関係者は「東京でのフォーラムはグローバルファウンドリー1位を目標とするサムスン電子の自信感が反映されたイベント。内外への危機克服のメッセージも伝えられるだろう」と話しているという。
https://www.recordchina.co.jp/

2015-04-09-sa-1.jpg

サムスンがフッ化水素不足だのと報じられるのだが、3社購買を実施しているサムスンならば、別に問題は無いだろうし、自国開発の高純度フッ化水素がどれだけのレベルかは不明だが、一応リスク回避に国も動くわけで、また現状減産であるから、市場在庫が落ち着くころには、フッ化水素在庫は正常に戻るだろう。何度も言うが出荷する日本企業のほうが大変なのである。日本の三社購買で、順次受注をかけていれば、計画は成り立つだろうと思うが。

リスク回避で高純度フッ化水素が使えるかどうかは、微細化レベルと不良率によるだろう。日本の高純度フッ化水素レベルを製造できるとは考えにくい。結局は日本の高純度フッ化水素を使用するほうがコストに合うのでは。

関連記事

[ 2019年09月05日 08:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
信用できるかな?
心配なのは、半導体製造用のフッ化水素が他からの調達で如何にかなった場合のことです。
彼の国のことなので、半導体製造用のフッ化水素が足りていることを伏せて、日本から輸入した超高純度フッ化水素は他国に横流しすることです。
何でもありの国なので、そこまで考えておく必要があるように思います。
[ 2019/09/05 10:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp