韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本の輸出規制から2カ月 半導体生産に支障なし

日本の輸出規制から2カ月 半導体生産に支障なし

日本が韓国に対し、半導体素材など3品目の輸出規制強化を実施してから2カ月が経ったが、関連産業で生産に支障は出ていないようだ。ただ、輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」からの韓国除外が先月28日に施行されており、韓国の業界に与える影響は見守る必要がある。

日本は7月4日からスマートフォンのディスプレーなどに使われるフッ化ポリイミドと半導体に使用されるレジスト(感光材)、フッ化水素の3品目の対韓輸出規制を強化した。 3品目の対韓輸出が厳格化されたが、8月7日と19日にそれぞれレジスト1件、同月29日にフッ化水素1件の輸出許可が出た。

3品目のうち、フッ化ポリイミドの輸出許可はいまだ出ていない。フッ化ポリイミドは注目を浴びている、曲がるディスプレーなどに使われる。だが、ドイツ・ベルリンで6日(現地時間)に開幕した欧州最大の家電見本市「IFA」でサムスン電子が初の折り畳み(フォルダブル)式スマホ「ギャラクシーフォールド」を公開したことから、生産に問題はないとされる。韓国の産業通商資源部関係者は「日本製のフッ化ポリイミドはフォルダブル式スマホの生産に支障を与える品目ではない」と述べた。

スポンサードリンク
(中略) 韓国の業界は台湾やドイツなど代替調達先の確保に動いているが、不確実性を取り除く最善の方法は国産化とされる。LGディスプレーやサムスン電子などはフッ化水素の国産化を加速化させている。 韓国政府は先月6日、研究開発(R&D)支援や輸入先の多角化などあらゆる政策を動員し、計45兆ウォン(約4兆円)の予算・金融支援を行う「素材・部品・装備(装置や設備)競争力強化策」を発表した。
http://www.chosunonline.com/

2019-07-03-k002.jpg

3品目の対韓輸出規制を強化したと掲載する韓国メディア。まるで記事は制限の様な掲載である。規制であるから、規制に則って輸出申請すれば、普通に輸出するだろう。最初の時だけ注意が必要だという意味だ。輸出申請審査の時間分だけが、遅れる可能性があった。しかしその後は、見込んで輸出申請を実施すれば良いわけで、問題となるほどではないだろう。

それを大騒ぎである。不正輸出した国が大きな態度で文句言う馬鹿らしさである。長年韓国の記事を掲載しているが、今回ほど情けなく感じたことは無い。ほぼ気狂い状態である。今後不正輸出できないことがどれほど辛いのかは知らないが、不正は不正である。国際社会で通用する事ではない。自己都合な国はここまで異常かと思うと、アジアの中に低レベルな韓国の存在は実に恥ずかしい限りとなる。

関連記事

[ 2019年09月08日 18:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp