韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の潜在成長率が「予想外の速さ」で下落

韓国の潜在成長率が「予想外の速さ」で下落

2019年9月9日、韓国・アジア経済によると、韓国銀行が「韓国の潜在成長率が予想を上回るスピードで下落している」と指摘した。

記事によると、韓国銀行は同日発表した報告書で、韓国経済の潜在成長率が下落を続けており、こうした流れは今後も続くと予想した。報告書は「韓国経済の潜在成長率の下落スピードが予想より速まっている」と警告している。韓国銀行が今回の研究で推定した2016~2020年の潜在成長率は、これまでの予想値を0.1ポイントほど下回る2.7~2.8%だった。これは、経済活動参加率の上昇スピードが予想より緩やかだったことにより労働投入の寄与度が予想より減少したため。15歳以上の人口の増加のスピードが鈍化し、経済活動への参加率の上昇スピードも遅くなったという。

また、2019~2020年の潜在成長率は2.5~2.6%と推定され、潜在成長率の下落の流れが最近も続いていることを示唆した。同期間の成長率予想値を考えると、韓国経済の現在の成長の勢いは潜在水準を下回る水準という。

さらに、少子高齢化の影響で今後も潜在成長率は下落を続ける可能性が高いという。

スポンサードリンク
改善に向けては「規制緩和や労働市場の制度改善など経済全般の構造改革を行い、生産性を高めることが需要」「相対的に経済活動参加率が低い女性と青少年層の経済活動への参加を促し、少子化問題にも積極的に対応しなければならない」などと指摘したという。
https://www.recordchina.co.jp/

韓国の人口では、一度高齢化が進めば、日本の比ではない。北朝鮮と統一するか、海外からの移民を取り込むかしかないだろう。ところが取り込んでも財閥企業が海外製造中心になるわけで、再び自国内の人件費が低下するほどに海外からの移民で補うのは無理である。そういう意味では北朝鮮との統一しか道が無いのも事実。韓国は開発研究に移行し、製造は北朝鮮の安い人件費を生かすという目論見は正しい。がしかしそれだけの時間的余裕があるのかと言うと難しい。まして国を維持できるのかのほうが大きな問題となる。

負債大国が、どこかのタイミングで、家計負債を含め、国の債権を対応しないと難しい側面もある。それには通貨危機を利用すると言う手がある。IMFによる国の再建となる一方で、北朝鮮との統一計画を明確にすれば、国の再建となる最低限度の資金調達をどう融資するのかに話が変わる。北朝鮮は貧困から富を得て、韓国は北朝鮮民による製造を実施する。同時に世界企業から協力が得られれば可能ではある。ただ韓国民が高い人件費のままで研究開発に移行できるのかと言えば無理であるから、問題は残る。

だが今の韓国では、無能な動きに無能な外交で、無能な経済政策に、無駄な税金投入では、先行きは不安だらけとなるのも事実。米国を排除し、日本を卑劣に扱ったとたんに、世界の先端レベルの技術伝授は無くなる。サムスンなどは海外に逃げるだろう。土台が日本技術の大企業と言う製造企業がいくつあっても、魅力ある国にはならない。


関連記事

[ 2019年09月10日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp