韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  表現の自由は死んだ?「韓国要らない」特集への批判は論理破綻 

表現の自由は死んだ?「韓国要らない」特集への批判は論理破綻 

小学館発行の週刊誌「週刊ポスト」が掲載した、「韓国なんて要らない」という特集に批判が集まって、同誌の編集部が謝罪する事態が発生しておりますな。 「表現の自由」とは、なかなか難しい問題です。私は、愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の例の展示は絶対ダメだと思っています。昭和天皇の写真をバーナーで焼いて灰を踏み付けるなんて、公共の場所で、そんな展示をやっていいわけがありません。表現の自由は守らなければならない。しかし、常識とか限度はあると思いますよ。

だが、トリエンナーレの企画展の支援者は「表現の自由は死んだ!」とか叫びまくってる。 じゃあ言うけど…この週刊ポストの記事を批判している方々と、まさにトリエンナーレで「表現の自由が奪われた!」と叫びまくっている人々と重なっていません? それ、論理破綻してるの分かってはるのでしょうか? 矛盾の塊やん。まあ、何を言っても聞く耳もってくれへんやろうけど(笑)。

週刊ポストの記事に話を戻しましょう。 ここ最近、日本国内で韓国に対して風当たりが強い。ま、マスコミは正義感とか使命とかより、金になるものを追いますよね。人気あるものに傾くということです。 ということは、現在、世論は相当「反韓」になっていることは否めない。でも、私はその感情も一定の理解はしますよ。だって日本人はこれだけ長らく韓国に「あおり運転」を食らってきたじゃないですか。助手席に乗ってる左翼にも横からイタズラされるしね(笑)。

スポンサードリンク
そりゃ、最近の喧騒(けんそう)の中で、少しくらい言い返すのは当たり前でしょう。われわれはどれだけ侮辱され、だまされ、貶められてきたか。辛酸ナメナメ国家・日本なんだから。(略) 最近の反韓感情は「道頓堀川への飛び込み」に似ていて、今まで悔しい思いを何年も抱えてきた「積年ジャンプ」なのです。韓国からの、そして国内の左派からの侮辱に耐えに耐えた暁に、ちょっと調子に乗ってしまってるレベルですな。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-07-10-k003.jpg

自分たちの不正を隠し、挙句に国家間の約束を守らない連中である。日本を敵国視し、日本統治下をいまだ恨んでる。それでいて朝鮮戦争の悲劇は語らない。卑劣な連中はどこに行っても卑劣なのであるから、韓国は必要ないという事につながる。まぁ国を作り直して出直すことであるが、だが所詮は朝鮮人である。何度再建しても変わらないだろう。70年以上経過しても一向に卑劣な対応は、変わることが無い。それが韓国である。

関連記事

[ 2019年09月10日 15:32 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp