韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国が来週にも日本を「ホワイト国」から除外、報復か

韓国が来週にも日本を「ホワイト国」から除外、報復か

韓国産業通商資源部の関係者が9日に明らかにしたところによると、韓国は早ければ来週にも日本を信頼できる貿易パートナーの地位から外すとともに、輸出管理で優遇措置を受けられる「ホワイト国」から除外するという。新華社が伝えた。

同部は8月14日に貿易パートナーのグループ分けをこれまでのA、Bの2種類からA1、A2、Bの3種類に調整した。A1はこれまでと同じように輸出管理の優遇措置を受けられ、旧Aグループすなわち「ホワイト国」に相当する。A2は同措置を受けられず、日本はここに移動する。

韓国・聯合ニュースの報道によると、Aグループに入っていた韓国の貿易パートナー約30カ国・地域のうち、A2に移動するのは日本だけだ。同部の説明では、「ホワイト国」は貿易円滑化を促進するさまざまな合意に関わるが、日本は韓国に対する輸出規制を実施して関連合意に違反したからだという。

同部の関係者は9日の記者会見で、「日本を韓国の貿易の『ホワイト国』リストから外す『戦略物資輸出入告示』改正案の制定プロセスは最終段階に入った。韓国は最終的な評価と文章の確定を行っている。早ければ来週にも改正案は公布される」と述べた。

スポンサードリンク
日本政府は7月初め、半導体チップとディスプレーの製造に必要な半導体工業の重要原材料3品目を韓国への輸出規制の対象とし、8月初めには、韓国を信頼できる貿易パートナーの地位から外すとともに、輸出優遇措置を受けられる「ホワイト国」(グループA)から除外することを決定し、8月28日に実施した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-09-12-k001.jpg

戦略物資無許可輸出摘発現況リストによると、2015年から2019年3月まで、韓国から戦略物資が無許可で流出した不正輸出案件は、156件もあった。不正輸出されたのは、いずれも、NSG(核兵器製造・開発・使用に利用可能な物品を統制する多者間国際体制) 、AG(生物化学兵器製造・開発・使用に利用可能な物品を統制する多者間国際体制)などを通じ国際社会が厳しく統制・監視している物資となる。

不正輸出品目を見てみる。サーモカメラや炭素繊維、熱交換器など、兵器への転用が可能な物品が並んでいる。生物兵器の製造にも使われる遠心分離機も、ロシアとインドネシアに不正輸出されていた。2017年10月には、核燃料棒の被膜として使われるジルコニウムが中国に不正輸出され摘発されていた。代金は1346万ドル(約14億6600万円)と高額な取引となる。

見つかっただけでもこの数値であるから、見つからないものも多数あると考えれば、莫大な金額となる。一つあれば複数あるというのがクレームの考え方であるから、今回の不正と言う数も氷山の一角と考えれば、現実ははるかに多いと推測できる。だからこそ韓国政府は大騒ぎするわけで、ホワイト国除外と規制と言う対応で、韓国側は大きな不正輸出で得た莫大な資金を今後止められる事への大騒ぎと考えれば納得がゆくだろう。負債大国韓国に正義と言う文字はない。 慌てて自国調達に切り替えるべく動く理由もそこにある。

関連記事

[ 2019年09月12日 08:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp