韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国で「恐怖のスタグフレーション」進行中か 消費者物価上昇率が8カ月連続0%台

韓国で「恐怖のスタグフレーション」進行中か 消費者物価上昇率が8カ月連続0%台

韓国の8月の消費者物価指数が、対前年同月比でマイナス実数値(マイナス0・04%)を記録した。1965年に統計を取り始めてから初めてのマイナスだ。8月は気候によって農水産物が変動しやすいが、2019年1月から連続して0%台なのだから、これはすごい。

輸入依存度が高い国で、その通貨はこの1年間、対ドルでも、対円でも下落してきた。それなのに消費者物価上昇率が8カ月連続して0%台。韓国の場合、最低賃金引き上げで、賃金は上昇しているが、税金や年金支払いの増額で、世帯当たりの可処分所得は減っている。 さらに、生計費に占める外食費の比率がとても高い。外食費比率(17年)は日本が4・8%なのに対して、韓国は13・3%にも達する。自炊をしない単身世帯が多いことが背景にある。

そういう構造的要因を抱えるなかで、韓国の喫茶店、ハンバーガーショップなど軽食店は今年1月、5~20%の値上げに踏み切った。法定最低賃金の大幅引き上げに伴う措置だった。が、消費者物価指数は対前年同月比0%台。3月には、市外バス運賃が平均11%値上げした。タクシーも27%値上げした。しかし、0%台行進は続いた。

最近は安い居酒屋も値上げしている。焼酎シェア1位の「チャミスル」の出庫価格が6・45%上がったことがきっかけだ。ソウルの冷麺は、盛岡冷麺の名店よりも高くなった。

スポンサードリンク
韓国の民間シンクタンクは9月8日、19年の予測成長率を2・1%から1・9%に引き下げた。「スタグフレーション」進行中と思われるが、韓国の国営放送は、おかしな消費者物価指数を根拠に「デフレへの憂慮が広がる」と報じている。
http://www.zakzak.co.jp/

2015-03-23-wa.jpg

韓国は経済成長を促すためにインフレターゲットを採用している。このため公定歩合に相当する政策金利は、3~4%程度と高かった。これは国債の利払いがこのレベルで高いという事だ。韓国国内においては民間企業への貸出金利がこのくらい高いという事になる。今は政策金利はかなり低い。景気悪化が深刻ということの裏返しである。韓国政府の外国人投資家への実際の支払い金額が巨額であり、国内民業にとっては金が借りにくく、返しにくいという状況。結果、国内市場の成長の阻害要因になっている。

同時に過度なインフレターゲット戦略により、韓国民の可処分所得の成長率がインフレ率に追いつかない。所得は増えたが実質は減ったという生活苦に陥る。経常収支でいう内需が弱い事で、国内市場が成熟しない。 さらにサービス収支の赤字で、国力の低下要因となる。政府が金銭的に破滅しかかっている時の赤字と言い換える事が出来る。さらに言えば外国人投資家は、韓国が弱ったときに金を引き抜く。弱った時に積極的に貧乏化を推し進めるプロ連中に、金融戦争で勝てるはずがない。負ければ国家破綻という結果になりかねない。

関連記事

[ 2019年09月12日 16:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp