韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本とのGSOMIA破棄も影響?…韓国軍の「情報収集力」がまた問題に

日本とのGSOMIA破棄も影響?…韓国軍の「情報収集力」がまた問題に

2019年9月12日、韓国軍の「情報収集力」に不安の声が上がっている。

韓国・朝鮮日報によると、韓国軍は10日、「北朝鮮が安南道・ケチョン一帯から東側に向けて短距離飛翔体を2回発射した」と発表した。しかし北朝鮮が11日に公開した写真を見ると、移動式発射台車両(TEL)に搭載された4本の発射管のうち3本の蓋(ふた)が開いていた。発射前の写真では4本とも蓋が閉まっていたという。

これについて、記事は「写真が正しければ、韓国の情報当局が放射砲1発の軌跡を把握できずに間違った発表をしたことになる」と指摘している。

軍内外では「韓国軍の情報収集力にまたも問題が生じたのではないか」との声が上がっているという。

韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ事務局長は「1発は軍の探知レーダーからすぐに消えて正確な判断ができなかったため、2発発射されたと発表したのではないか」と話した。情報当局は今年数回にわたり、北朝鮮の挑発行為について発表する際にミサイルの発射数や射程距離を間違えて発表し批判を浴びていた。

スポンサードリンク
軍関係者は「今のところ北朝鮮は2発発射したというのが米韓情報当局の判断。今後さらなる分析が必要だ」と話したというが、一部からは「韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定した後、米韓当局の情報交流に問題が生じているのではないか」との指摘も出ているという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-08-16-k001.jpg

そもそも隣の国が何発ミサイルを発射したかが明確にとらえられないのでは、韓国軍は北朝鮮監視を怠っているのか、ミサイル監視能力が低いのか、その両方なのかは問題だ。今まで在韓米軍に頼る部分が多分にあり、在韓米軍と在日米軍・自衛隊との連携による分析のほうが早いという問題もあった。発射前の写真では4本とも蓋が閉まっていたというが、写真判定で決められては困る。しっかり追跡出来てこその韓国軍となるわけで、それができないようでは、北朝鮮に攻められれば手の施しようが無い。

一方日本は脅威にさらされており、米朝首脳会談以降も危険性は全く変わっていない。軍備を整え、発射されたミサイルを撃ち落とせる対応に追われている。先制攻撃可能な法整備と軍備は不可欠だ。北朝鮮のみならず、中国の核弾道ミサイルは東京を向いていると人民日報が報じた事がある。一番危険なのは中国だが、北朝鮮の核保有を止めない限り脅威は増加するばかりとなる。

関連記事

[ 2019年09月13日 08:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp