韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  定年後の小遣い稼ぎにコーディングを学ぶ韓国の中壮年たち

定年後の小遣い稼ぎにコーディングを学ぶ韓国の中壮年たち

7月22日午前、ソウル市九老区梧柳文化センターで「コーディング講師基本マスター班」という授業が開催された。「コーディング(Coding)」とは、コンピューターに命令語を入力してプログラムを作成する作業だ。同日40-60代の中壮年層の受講生30人は、入門用のコーディングプログラムを利用して1秒ごとに背景色が変わる誕生日カードを作った。

最近、中壮年層の間でコーディング学習が人気を呼んでいる。京畿道富川市が今年4月、中壮年層を対象に開いたコーディングの基礎授業には12人の募集に対して37人が志願し、3対1の競争率となる盛況ぶりを見せた。九老区役所が今年に入って3度開催した「シニアコーディング特講」は、毎回定員がいっぱいになったほか、今回の特講も申し込み開始からわずか2日で20人の定員が埋まり、早くも募集を打ち切った。

中壮年層がコーディングを学ぶ目的は大きく分けて二つ。まずは、子ども、あるいは孫との会話用だ。受講生のイム・ジェソンさん(51)は「小学生の娘が学校でコーディングを学んでいるが、父である私が理解できなければ会話にならないと思った。塾に通わずに私が直接教えてあげたらどうかと思い、授業にはきちんと参加している」と笑みを浮かべた。政府は、IT関連の人材育成を目標に、今年から小学5、6年生を対象とした年間17時間のコーディング教育を義務付けた。

スポンサードリンク
定年退職後も引き続き社会活動を行いながら、小遣い稼ぎをしようと考える人々もいる。昨年京畿道城南市にある板橋老人総合福祉館で計80時間のコーディング教育を受けたカン・ジュンヒさん(62)、ソン・マルジャさん(64)、ペ・ヨンリムさん(60)は、現在シニアコーディング教育指導者として活躍している。
http://www.chosunonline.com/

2019-03-26-k002.jpg

日本の雇用も変わりつつある。我々の時代の大手企業では副業は認めていない事例が多数であったが、最近の企業は様相が違うようだ。副業大国中国ではないが、副業を見直す企業が増加している。一方で中小企業は副業は大半が暗黙の了解となっていることが多い。自己判断という事だ。本業に影響が出なければ、経営者側もタッチしない。小規模になるほどに、定着している。年収が大手企業の60%とはいえ、こうした副業はずいぶん前から実施されており、年収に補填されてきている。小企業の特徴でもあるが、それは今なお維持されている。

企業システムとしては、言い換えると、中小企業のシステムが大手企業にも反映されてきたという事になる。年収不足分の対応方法は中小企業になるほどに賢く対応している。だが韓国の様に税金投入はない。なんでも税金投入で解決するようでは、自国政府も自国民も進歩しない。

関連記事

[ 2019年09月14日 09:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp