韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国“反日不況”で独り負け! 「韓国企業の大量“格下げ”」米大手格付け会社

韓国“反日不況”で独り負け! 「韓国企業の大量“格下げ”」米大手格付け会社

韓国経済に対する国際社会の視線が厳しさを増している。米大手格付け会社が、韓国の民間企業について、軒並み「格下げを検討またはネガティブな見通しを示している」と発表。韓国財界からは通貨危機の1997年や金融危機があった2008年より「さらに厳しい」と悲鳴が上がる。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスの報告書は「韓国の民間企業24社のうち13社についてネガティブな見通しまたは格下げを検討している」とした。ポジティブな見通しの会社はなかった。今後12カ月間で韓国企業の信用力が一段と低下すると予想。米中貿易戦争の影響が大きく、半導体、石油精製、石油化学の3業種が最も悪化したという。

ニッセイ基礎研究所生活研究部准主任研究員の金明中(キム・ミョンジュン)氏は、「輸出への依存度が非常に高い韓国経済は、米中貿易戦争のあおりを大きく受ける。さらに対国内総生産(GDP)比でみた大企業の売上高割合も40%を超える」と分析する。

左派の文政権は、サムスンなど財閥企業を「庶民の敵」とみなして解体政策を進めてきた。ところが文大統領は今年4月に同社の工場を訪問し、「政府も積極的に助ける」と言い出した。

スポンサードリンク
(中略) 前出の金氏によると、半導体の重要品目の国産化に成功したとしても、外的要因の影響を大きく受ける韓国経済の回復には1~2年かそれ以上の期間を要するという。「フッ化水素の国産化ができても、日本にグループAから除外された今、先行き不透明な状態は変わらない」と分析する。 韓国の経済団体、全経連の権泰信(クォン・テシン)副会長が「韓国経済は1997年のアジア通貨危機や2008年の金融危機の時よりさらに厳しい」との診断を下したと報じた。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-08-25-k001.jpg

例えば高純度フッ化水素の成功事例や日本依存からの脱皮と言う記事が目立つ。最新の微細化には利用できない。価格の安い半導体のみに使用するしかない。高純度フッ化水素のレベルは日々変化しており、日本レベルは劣化を含め世界最高水準で製造しているわけで、今日明日で出来る話ではない。レベルが低ければ前から実施しているが、コストの問題と維持管理の問題がある。過去に大きな事故が発生している。

しかし日本レベルの高純度フッ化水素の量産となると技術レベルが遥かに違う。政府が積極的に助ける税金補てんで、どうにかなることではない。税金を使うほどに政府負債が高まり、格下げにつながる。米中貿易摩擦に逆に助けられ、海外投資家の動きが様子見となり、通貨危機にまで発展していない現状もある。

関連記事

[ 2019年09月14日 15:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp