韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  20年以上も停滞する日本経済、それでも先進国でいられるのはなぜ?

20年以上も停滞する日本経済、それでも先進国でいられるのはなぜ?

2019年9月9日、中国メディアの和訊網に、「日本経済は20年以上停滞、なぜ今でも先進国なのか」という記事が掲載された。

記事はまず、最近、あるネットユーザーが「日本経済は20年以上も停滞しているのに、なぜ日本はまだ先進国なのか」との疑問を投げ掛けたことを紹介。これに「実際、日本の経済規模は1994年から2017年までの23年間でわずかしか伸びていない」との説明を行った上で、日本が先進国であり続ける理由について次の4点を挙げた。

記事が最初に指摘したのは、「1人当たり国内総生産(GDP)の高さ」だ。17年は約3万8000ドルと、依然高いレベルを保っていると紹介した。

二つ目は、「企業は正常に活動しており、技術の進歩、品質向上が続いていること」。日本国内には整った工業システムがあり、トヨタやホンダをはじめとする日本の自動車メーカーは今でも世界のトップレベルであると指摘した。ほかにも、アニメや新材料、光学材料、鉄鋼などの産業も日本は強いとしている。

スポンサードリンク
三つ目は「ノーベル賞受賞者の多さ」で、記事は01年に日本政府が打ち出した「50年で30人のノーベル賞受賞者を出す」という目標を紹介。四つ目には「国民の幸福度が高いこと」を挙げ、出産育児一時金の支給や一人親家庭への手当て、幼児教育無償化などに言及した。 記事は、「日本経済はこの20年で停滞していたわけではない。いわゆる失われた20年というのは、不動産バブル崩壊後の転換の20年であり、質が向上した20年、科学技術が進歩した20年だ」と分析した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-09-15-k001.jpg

高度成長期で高いGDPとGNIを得られるように企業の成長戦略は不可欠。 特に内需活性化は経常収支の中で重要となる。出来るだけ高い成長時の値を維持することが重要。つまり経済成長ではゼロだが、企業の成長戦略と特許包囲網、ノーベル賞環境下は、よりよいシステムで維持または進歩して行くことが望ましい。

その中で高齢化社会を迎えた分、生産人口の補てんと、人工知能を駆使した無人対応などが進む。その時点で海外からの移民或いは研修にしても、受け入れシステムを形成する必要がある。重要なのは税金を払って、日本に住めるシステムは不可欠と言える。ちょうど日本はその分岐点で悩んでいる状態だ。

海外からの移民やら長期研修生を大量に受け入れて、日本で税金を払うべく何年も暮らせるシステム、或いは日本国籍取得などや、自衛隊と言う国を守るための人材補填も不可欠であるから、法規制やシステム構築が必要となる。日本は2000年あたりから経済成長率の下限を迎え、限りなくゼロ成長となり、いかに維持し頑張っている様子が見て取れる。 韓国もすぐにゼロ成長になるが、成長が下限を迎えた時のGDPや高い年収をいかに維持するかと、経常収支でいえば所得低下せずに、内需を維持するかが不可欠となる。

民度を含めた教育、或いは生活のための優れた社会環境に、国際社会への貢献度の維持も求められる。そういう意味では韓国は自国都合な民族であり、低い年収に低い内需では、先進国家にはほど遠い。

関連記事

[ 2019年09月15日 08:38 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp