韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・文政権、首脳会談で信頼回復狙うも…「米は文政権を信用していない」

韓国・文政権、首脳会談で信頼回復狙うも…「米は文政権を信用していない」

ドナルド・トランプ米大統領と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬、米ニューヨークで首脳会談を行う。トランプ氏は8月、フランスでのG7(先進7カ国)首脳会議で、「文在寅という人間は信用できない」と公言して、世界を驚かせた。 「相当厳しい米韓首脳会談になるのではないか」 元韓国国防省北韓分析官で、拓殖大学主任研究員の高永チョル(コ・ヨンチョル)氏はこう語った。

韓国大統領府(青瓦台)は13日、文氏が国連総会に出席するため22~26日の日程でニューヨークを訪問し、トランプ氏と首脳会談を行うと発表した。2人の会談は6月以来で、3カ月ぶり。 会談の具体的な日程は米韓政府で調整中というが、スタッフも頭を抱えているはずだ。トランプ氏が文氏を嫌悪しているからだ。今年4月、ホワイトハウスで行われた米韓首脳会談で、「従北」の文氏が北朝鮮への制裁解除や、南北共同事業再開を求めたのに対し、トランプ氏は冷淡に否定。首脳会談は29分間あったが、トランプ氏と報道陣の質疑応答が27分間も続き、実際の会談は2分程度だった

さらに、トランプ氏は4カ月後のG7で、その場に不在の文氏を名指しして、「信用できない」「何で、あんな人が大統領になったんだ!」と公言したのだ。同盟国の首脳に対し、前代未聞の批判といえる。

スポンサードリンク
これにカチンときたのか、文氏は8月末、米国の警告を無視して、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定し、在韓米軍基地の早期返還を要求するなど、「米韓同盟破棄」をチラつかせている。 前出の高氏は「トランプ氏は、文氏を信用していない。文氏は北朝鮮主導の『赤化統一』を狙っているが、韓国の保守派も米国も米韓同盟解消など許さない。文政権のGSOMIA破棄決定後、トランプ氏は『韓国で何が起きるか見てみよう』と語ったが、激怒している。信頼回復は無理だ」と分析している。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-04-16-k002.jpg

北朝鮮が9月下旬にも米国との非核化協議を再開したい意向を示しているだけに、対応を協議するとみられる。 恐らくそこで、韓国が一方的に決定した日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄に関して、トランプ氏が何か語るだろう。”冗談ではない”と、また2分で終わるのではないか。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と年内に会談することに前向きな姿勢を示しており、非核化協議の再開に対する期待が高まっていると各メディアは報じている。米国では今週、強硬派のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が解任されており、米国が北朝鮮との交渉を再開する上でプラスに働くとの見方が大半を占める。だが米政府は北朝鮮に核の放棄を求めており、交渉は容易ではないとしている。

そこにきて韓国のGSOMIAの破棄であるから、トランプ大統領は、おそらくは長い話はしないだろう。

関連記事

[ 2019年09月15日 18:49 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp