韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  外国企業はなぜ中国を愛するのか?開放が最大の魅力

外国企業はなぜ中国を愛するのか?開放が最大の魅力

2019年9月11日、人民網は、外国企業に中国市場が人気である理由について分析する記事を掲載した。

記事は、米国の小売り大手コストコが中国市場へ進出したところ、大変な人気となったことに言及。「今年1~7月に中国で新設された外資企業は2万4000社を超えた。世界的にマクロ経済がなかなか回復せず、自国第一主義や保護貿易主義が台頭する中で、中国市場は世界にその活力と魅力を示した」と伝えた。

では、なぜ中国市場は魅力的なのだろうか。記事は、大きな要素として「開放」が挙げられると分析。外国企業にとって中国が示す「開放を維持する姿勢」は最大の魅力になっているという。記事は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルがかつて、「徐々に国内市場を開放することで海外資本を呼び込むという中国政府の決意は、外国人投資家が中国市場に期待していることを示す」と述べていたと紹介。中国が開放を進めるにつれ、世界は中国経済の発展をより確信するようになっていると論じた。

また、シンガポール華字紙の聯合早報は、北京市が発表したサービス業の開放拡大に関する新たな行動計画について、「インターネット情報、金融、科学技術、教育など8分野が試験的開放の重点分野で、『産業開放』が強化される」と説明したという。

スポンサードリンク
報道によると、この行動計画では情報サービス業務におけるアプリストア業務の外資参入条件を見直し、試験的に外資の持株比率を100%にするそうだ。 この他、キューバメディアのPrensa Latinaは、「上海が国際商業センターとしての地位を固めるため、地元政府は最近、質の高い外資企業の誘致政策を打ち出した」ことに関心を示し、米PRニュースワイヤーは、「振興と発展に力を注いでいる瀋陽市は、現地の行政事務管理とサービスのレベルを向上させ、一流のビジネス環境を備えた都市にするよう努力している」と紹介したという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-09-16-k001.jpg

2019年1月 中国国家統計局の発表では、2018年の実質経済の年間成長率は6.6%。年間目標の6.5%前後は達成したが、天安門事件直後の1990年に記録した3.9%の成長率以来、28年ぶりの低水準となった。同年4月に中国国家統計局が発表した2019年の第1・四半期のGDP(国内総生産)は前年比6.4%の増加となり、第4・四半期と伸びが一致し、市場予想を上回った。 また欧米・日本に比べ高い水準の成長を保っている。2010年の時点で、日本を抜き世界第2位となるGDP 39兆7983億円を計上した中国は、高いGDP成長率を示している。

さらに国民の生活水準・生活環境の向上に伴い 年収が1,000万円を越える世帯が中国内で2億人を越え、「中流層」と呼ばれる人々の数が急増しており、世界一の規模で急速な成長を続ける中国には、未だ多くのビジネスチャンスが眠っている。 一方、コストメリットが以前よりも薄まっているのは事実。だが北京・上海といった大都市を除けば、人件費・物価(現地滞在費)・オフィス代などの水準は、現在も日本の数分の一程度となる。さらに内陸部では人件費が日本の10分の1といったデータもある。さらに開発区が外国企業の誘致に積極的になっており、優遇政策の恩恵を授かることは、中国進出を図る企業にとって大きな後押しとなる。

関連記事

[ 2019年09月16日 08:19 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp