韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  在韓米軍撤退なら…米は躊躇なく北朝鮮を先制攻撃するだろう

在韓米軍撤退なら…米は躊躇なく北朝鮮を先制攻撃するだろう

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が8月22日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決定したことは、米国を激怒させた。米国は対中国戦略上、GSOMIAを不可欠な軍事情報上のネットワークとしてカウントしている。米国は中国と新冷戦を戦っており、最前線基地は韓国と日本と考えている。

しかも、韓国は事前通告なしに決定した。 マイク・ポンペオ国務長官は同日、韓国のGSOMIA破棄決定に「懸念と失望」を表明した。ランドール・シュライバー国防次官補も「再考を望む」「今回のGSOMIA破棄決定は、米国の安全保障の利益にも悪影響を及ぼす」と繰り返し、文政権に伝えた。 だが、韓国外務省の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官は同月28日、ハリー・ハリス駐韓米国大使を同省に呼び付けて、「米国の失望表明は、両国関係強化に役立たない」と高圧的に叱り付けた。

これは極めて異例だ。粘り強く説得をする米国にタンカを切ったのである。米国を裏切った韓国。その結果、文政権は窮地に立たされている。 今後、米国がとる対応は2つ。「文政権の崩壊」か、「在韓米軍の撤退」である。前者はすでに、文氏が9日に任命したチョ・グク法相と、尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長率いる検察との全面対立となって現れている。文、チョ両氏は「検察つぶし」を狙い、自らの延命を図る。尹氏は、チョ氏の不正疑惑を暴き、文氏の息の根をとめようとしている。

スポンサードリンク
在韓米軍の撤退は、文氏の望むところだろう。日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」(8月15日)の式典で、文氏は「2045年には南北統一を目指す」と宣言し、在韓米軍撤退を促した。米軍が韓国にいる限り、南北統一は成りたたない。文氏は、日本をたたく(=GSOMIA破棄決定)ことで、統一を果たそうとしたのだ。しかし、米国は文氏に「三くだり半」を突き付けた。 在韓米軍の撤退は、米国が韓国を北朝鮮と同じ「脅威」と認識し、韓国も米軍の抑止(攻撃)対象となる。北朝鮮主導の朝鮮半島統一が画策されれば、米国は躊躇(ちゅうちょ)なく北朝鮮を先制攻撃することになる。
http://www.zakzak.co.jp/

文氏の頭の中は、北朝鮮の核保有にある。韓国が便乗できれば、日本に負けることは無い。どのみち負債大国として崩壊するのは見えているわけで、文氏が選んだ北朝鮮への歩み寄り。だが北朝鮮は経済低迷となり先が見えている韓国に興味はない。必要なものは不正輸入で手に入る、場合によっては制圧あるのみ。もっとも米朝首脳会談によるのだが。

米中貿易摩擦には、トランプ大統領の中国潰しと言う思惑があるとすれば、経常収支で”良い赤字”であることは理解しての行動という事になる。日米防衛において緻密な計算があったと考えれば、自国経済が低迷になってまでも、中国に貿易摩擦を仕掛ける理由が見え隠れする。中国潰しが思惑にあるとすれば、米国は必至だろう。韓国の我儘で怒り爆発しかねないのだが、韓国の動きは日米間で予測の範囲で、結果北朝鮮への攻撃可能を予測していたとすれば、安倍首相のかなりの言葉がトランプ氏にあったともいえそうだ。

現実そこまで読んだ行動かどうかは判断が難しい。トランプ氏にはそこまでの能力は無い。安倍首相がそこまで読んでトランプ氏と日米関係強固で進んだのかと言うと、それも難しい。上記のシナリオ通りならば、かなり深くまた恐ろしい読みである。朝鮮半島で米中戦争にもなりかねないわけで、日米首脳の考えは大きな関心事となる。一方、米韓首脳会談で、トランプ氏は文氏に決別通告するかどうか、それともまた2分で終わるのかも興味津々といったところだろうか。

関連記事

[ 2019年09月18日 12:20 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp