韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日米に続き世界で3カ国目、中国が新型TFT-LCDガラス基盤生産技術を確立

日米に続き世界で3カ国目、中国が新型TFT-LCDガラス基盤生産技術を確立

中国初の第8.5世代TFT-LCDガラス基盤製品が18日、安徽省蚌埠市で正式にラインオフした。中国が独自開発した同製品が間もなく工業化生産を実現する。これは中国が日米に続き世界で3番目に新型TFT-LCDガラス基盤生産技術を確立した国になったことを意味する。これは中国の電子ガラスの国際市場における主導権と発言権を全面的に高め、中国の情報ディスプレー産業の安全保障に対して深い意義を持つ。科技日報が伝えた。

TFT-LCDガラス基盤は液晶ディスプレーのコア部品であり、電子情報ディスプレー産業のカギとなる戦略的材料だ。ディスプレー業界は製品のサイズにより区分を行っており、一般的には6世代以下を低世代とし、8.5世代以上を高世代とする。8.5世代は55インチのディスプレーを6枚作ることができる。その経済的カッティングの最大サイズは55インチ。

3年以上にわたる持続的な研究開発により、プロジェクトは一連の段階的な重大成果を上げた。理化学的と工学的性質を同時に満たすガラス基板化学構成・調合法の問題を解決し、中国の特色ある液晶ガラス基板超薄型フロートの新工法を開発した。一連のカギとなる設備の国産化開発などを実現した。

スポンサードリンク
凱盛科技集団有限公司の会長を務める中建材蚌埠ガラス工業設計研究院院長の彭寿(ポン・タオ)氏は、「キーテクノロジーの進展は容易なことではなく、長い期間を費やす必要がある。ガラスは薄型と高強度の特性を兼ね備えなければならない。この2つの条件を満たすため、ガラスの調合法の研究を掘り下げた。そのうち調合法を研究することが極めて重要だ。しかしながら調合法の研究は長期にわたって海外から特許の封鎖を受けてきた。プロジェクトチームは調合法の1000回以上の実験を経て、ついに独自の知的財産権を持つ調合法を見つけた」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-09-20-k001.jpg

液晶ディスプレイ用ガラス基板とは、液晶テレビ、パソコン、携帯電話などに代表される製品のディスプレイ部分であるTFT(薄膜トランジスタ)液晶ディスプレイに用いられる特殊ガラスの総称。液晶ディスプレイパネルは、偏光板、カラーフィルター、液晶層など多くの部材が何層にも重ね合わされて作られている。その中でも柱となるのが、ガラスの基板。ガラス基板は厚さが約0.3~0.7mmと非常に薄いうえに、第8世代(2200×2500)のガラスであれば畳3畳分もの大きさになる。

液晶ディスプレイ用ガラス基板は、高精細な美しい画像を正確に映し出さなければならないため、表面の凹凸がナノレベルの超平滑であること、さらに、内部の気泡はもちろん、目視では確認できない程度の微細な異物(ゴミ)を抑えることが求められる。そんな中、旭硝子は、14年でPDP(プラズマディスプレイパネル)用ガラス基板韓国法人である旭PDグラス韓国を整理するとした。60億〜70億ウォンの費用を投じた2階建ての建物と用地を整理する事で、韓国に進出した他の日本企業にも影響を与えるものとみられる。

関連記事

[ 2019年09月20日 11:05 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp