韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府、歴代最長の6カ月連続「景気不振」判断

韓国政府、歴代最長の6カ月連続「景気不振」判断

韓国政府が6カ月連続で「景気不振」判断を下した。2005年3月に最近経済動向(グリーンブック)を出し始めて以降、最長期間となる「不振」判断を継続した。

企画財政部は20日に出したグリーンブック9月号で「7月にも韓国経済は生産増加傾向を維持しているが、輸出および投資の不振の流れは持続している」と診断した。先月のグリーンブックでも「4-6月期の韓国経済は生産が緩やかに増加したが、輸出・投資不振の流れは持続している」と評価したのと似ている。雇用と物価については「就業者増加規模が大きく拡大するなど回復傾向を見せている」とし「物価も安定した流れが続いている」と判断した。毎月発行するグリーンブックは韓国経済の流れに対する政府の公式的な認識を示している。

グリーンブックによると、最近の韓国経済は輸出・消費の不振が続いている。8月の輸出(暫定)は前年同月比14.6%減少した。中東と中国を対象にした半導体・コンピューター輸出がそれぞれ39.7%減、31.6%減となったのが主な理由だ。一般機械(-6.2%)、石油製品(-14.1%)、石油化学(-19.2%)などの品目も輸出が減少した。消費を意味する小売販売は前月比0.9%減で2カ月連続で減少した。ただ、鉱工業とサービス業の生産増加で7月の全産業生産は前年同月比0.5%増となった。

スポンサードリンク
企画財政部は今年4月のグリーンブックで2016年12月以降、初めて「実物指標不振」という診断をしている。従来の最長記録は中東呼吸器症候群(MERS)の余波で景気が急激に冷え込んだ2016年10月から2017年1月までの4カ月間だった。ただ、今年4、5月には「鉱工業生産、設備投資、輸出など主要実物指標」の流れがその対象だったが、6-8月号では「輸出と投資」に限定しただけに、不振判断の範囲はやや異なる。
https://japanese.joins.com/

2013-12-16-tpp.jpg

文大統領が、税金投入で作り上げた経済成長率。いつまで持つのか。またサムスン半導体はいつ回復するのか。回復するまでに中国企業がどこまで追い上げるのか。関心事は多い。少なくとも中国企業の生産能力は膨大だ。技術が確立されれば時間の問題となる。従って韓国は中国への投資を続けるだろう。歩み寄りを強めて、米国輸出を続けるのか、米国に新たな工場を建設するのかで様相は変わる。

だが米国民は製造の弱さから、輸出による消費拡大を求める国である。米国が開発技術で経済成長してきた国である認識は崩れないだろう。結果内需拡大につなげているわけで、国民性からして、国内生産が高まったところで消費拡大につながるかは不透明だ。さらに言えば完全雇用状態で、トヨタにしても工場建設投資の話を持ち掛けるが、雇用と言う面では難しいだろう。その分研究人材が減少するという事であるから、トランプは経常収支が低下しても、貿易赤字だけを優先するのだろうか。まだまだ関心事は続きそうだが…。ただ自動車関連はエコ車に切り替わる事を考慮すれば技術レベルを高める意味では重要となる。

関連記事

[ 2019年09月21日 09:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp