韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  国策シンクタンクの警告通りに最悪に達する韓国の政府債務

国策シンクタンクの警告通りに最悪に達する韓国の政府債務

韓国企画財政部が2年前、「新規義務支出導入」と「成長率低下」が重なった場合、2060年には国内総生産(GDP)に占める政府債務の割合が94.6%(今年は37.1%)まで高まるとする報告書の提出を国策シンクタンクから受けていたことが22日までに分かった。

国家の債務比率は財政健全性を評価する重要な指標だ。そうした国策機関の警告があったにもかかわらず、文在寅(ムン・ジェイン)政権はそれを無視し、国家が法令上必ず支出しなければならない福祉費など「義務支出」を新たに増やすなど拡張的財政政策を推し進めてきた。このため、政府債務比率が報告書の見通し通り、実際に急上昇しかねないとの懸念が高まっている。

国会企画財政委員会に所属する沈在哲(シム・ジェチョル)議員事務所によると、韓国租税財政研究院は2017年4月、さまざまなシナリオを想定し、政府債務比率を推定した報告書を企画財政部に提出した。研究院は同報告書で「裁量支出が名目成長率通りに増加した場合、政府債務が持続的に増加し、2060年には62.4%まで上昇する」と指摘した。裁量支出は政府の歳出全体から法定支出と利子など「義務支出」を除いた部分を意味する。

スポンサードリンク
その上で、研究院は「裁量支出を構造調整する場合、政府債務は持続可能な水準(60年に38.1%)に管理可能だ」と試算した。裁量支出を名目成長率以下に抑えれば、「財政の持続可能性」が確保されるとしたものだ。しかし、文在寅政権(18-20年)に入り、裁量支出の伸び率は平均6.4%で今年の経済成長率見通し(3.0%)の2倍以上高い。
http://www.chosunonline.com/

2019-09-13-k002.jpg

経常収支=所得−内需 なので、内需となる国内市場力の劣化による経常黒字は悪い状態を意味する。所得>内需 の状態が、継続して発生する場合が韓国のパターン。国内市場の縮小によってもたらされた経常黒字な訳で、労働者の可処分所得の低下を意味する。決定的なのは一次所得。日本は大幅な黒字、韓国は圧倒的に赤字となる。

日本のように一次所得が黒字ということは海外から金ネが入ってくる。一方、韓国の赤字の内容は、政府予算の赤字。韓国の税収入による政府財源にたいし、政府予算がその倍以上ということだ。税収分と同じ程度に政府予算が足りない。これは日本も同じで、政府予算の半分は税収。残りを国債で穴埋している。日韓の違いはこの国債の購入者の割合となる。

日本の場合、日本国内の金融機関が国債を購入する。国債は常に安定資産と考えられている。しかし韓国の場合、国内の金融機関が絶望的で、この不足分の国債を韓国国内で消費することは出来ない。結果、外国人投資家に頼るしか無い。政策予算の過半が外債であるから致命的だ。

関連記事

[ 2019年09月23日 15:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp