韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星、0.7μmモバイルイメージセンサー…1位のソニーも超えた

三星、0.7μmモバイルイメージセンサー…1位のソニーも超えた

三星(サムスン)電子が、業界初の0.7μm(マイクロメートル=100万分の1メートル)ピクセルサイズの超小型モバイルイメージセンサー「アイソセルスリムGH1」(写真)を、24日公開した。今年1億画素の壁を破って1億8000万の超高画素イメージセンサーを量産し始めたのに続き、超小型モデルを出したことで、業界1位の日本のソニーを技術革新で越えるという意志を見せたのだ。

スマートフォンのコア部品として使われる「アイソセルスリムGH1」は、0.7μmピクセルで4370万画素を具現する。同じ画素の0.8μmピクセルを使った時より、カメラの大きさと厚さを減らすことができる。三星電子の関係者は、「スマートフォンの外観にカメラが飛び出る現象を減らすことができる。さらにスリムなデザインも可能となる」とし、「最新のスマートフォンは、ディスプレイのベゼル(枠)を最小化する傾向があるが、そのようなデザインに最適化したイメージセンサーだ」と説明した。

「アイソセルスリムGH1」は、最大4Kの解像度で毎秒60フレームの専門家級映像撮影を可能にする。また、電子式画像ブレ補正(EIS)の機能と、被写体焦点技術である「スーパー位相検出(PD・Phase Detection)」機能も支援し、スポーツ競技など動きの多い現場を撮影するときに便利である。通常ピクセルのサイズが小さくなれば、イメージセンサーが受け入れる光の量が減り、画質が落ちるが、新製品はこのような限界を克服したというのが三星側の説明だ。

スポンサードリンク
「アイソセルスリムGH1」は、今年中に量産を始め、三星ギャラクシーシリーズなどの次世代フラッグシップモデルに適用すると予想される。 三星電子は、世界的なイメージセンサー市場シェア2位(約20%)だが、超小型・超高画素などの技術革新で、1位のソニー(50%)を追撃するという戦略だ。 
http://www.donga.com/

証券業界の著名アナリストは、「ソニー半導体の時代がやってきたと思えてならない。世界初の本格的トランジスタラジオを作り上げたソニーのDNAはやはり半導体にある。この数年間で2兆円を超える投資も予想され、ニッポン半導体のリード役に躍り出るだろう。得意とするCMOSイメージセンサーはフォトダイオード、フォトカプラ、マイコン、メモリーなどのデバイス売り上げも喚起するわけで、只事ではない状況に入ってきた」と話す。

さらに、中国は社会信用システムに20兆円を投資するといわれ、その中核として中国全土にカメラネットワーク導入を進めている。現在1億台くらいである監視カメラを何と6億台まで持っていくのだが、そのほとんどにソニーのCMOSイメージセンサーが使われるといわれている。

車載向けでもソニーの技術はズバ抜けている。1億画素の製品も作り上げており、150℃の高熱にも耐えられ、DRAM搭載で高精細かつ超高速を成しとげ、LED信号のちらつきをもモノともしないという技術レベルは、まずもってサムスン、オムニビジョンなどの追随を許さないとしている。レベル4以上の自動運転になれば1台の車に19個のCMOSイメージセンサーが積まれるわけで、車の年間出荷台数が約1億台であることを考えれば、車載向けもほぼ独占すると思われるソニー半導体の業績は、右肩上がりが予想される。

関連記事

[ 2019年09月25日 08:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp