韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  幸せな日本の高卒者たち…1人当たりの求人2.52件

幸せな日本の高卒者たち…1人当たりの求人2.52件

景気回復と人手不足により求人難となっている日本で、高卒就業者の人気が1993年3月卒以来の高水準に達していることが分かった。

日本の厚生労働省は来年3月の高卒予定者について、求人倍率(求職者1人あたりの求人件数)が今年7月の時点で2.52倍だったことを22日、明らかにした。2.52社が高卒予定者1人を確保するために競い合っているという意味だ。これは昨年の同時点に比べ0.15ポイント高いもので、1993年3月卒以来の高水準だ。

日本経済新聞によると、リクルートワークス研究所が明らかにした来年3月の大卒予定者に対する求人倍率も1.83倍(今年4月時点)で、求人件数が就職希望者数の2倍近くとなっている。

厚生労働省はこうした現象について、「これまで大卒を中心に採用していた企業が高卒に目を向けるようになった」と分析している。人材難が深刻になり、各企業が先を争うように高卒予定者の確保に乗り出しているということだ。

スポンサードリンク
昨年の日本経済新聞の調査でも、日本の主要企業は19年3月卒の高卒採用計画数を18年卒に比べ8.2%増やすとしていた。東京商工会議所によると、特に情報技術(IT)業界で高卒の需要が増えてきているとのことだ。
http://www.chosunonline.com/

数年前には、韓国での高卒者の見直しを実施するとしていた。日本の職業訓練を参考に、高卒者の製造技術レベルを上げて、中小企業技術レベル上昇につなげたいとしていたわけで、いつしか実施されずに消えてしまった。韓国の学歴社会は幹部候補育成でしかない。しかし土台は製造であるから、経営学や研究設計部署ばかりに人が集まるわけで、日本でいえば数年前に課長連中増加で企業大低迷時代があったが、結局は主任研究員を含めた人材ばかりが増加し、幹部候補生の集まりだけでは良い企業社会を作るのは無理である。

大手企業も当然狭き門となる。海外企業の指導者として配置するにも、語学堪能とはいえ、他の新興国も語学堪能は多い。特に人を指導するという事になれていない連中が増えるだけでは、良い社会にはならない。それを支える製造及び製造技術者となる高卒者の存在の重要度は大きい。日本は残念ながら人材不足ではあるが、製造従事者とリーダー育成は不可欠だ。今後海外からの人材が増加するほどに、高卒者の製造技術は重要となる。単に口先だけの幹部候補生つくりの韓国では、とても良い設計ができるとは言い難い。

日本の中小企業を巡回してきたLG電子の主任研究員は、クリーンルームの管理方法やら、成型樹脂の部材設定に、公差の設定は、まるで能力不足であった。これでは日本企業に丸投げと言うのも理解できる。それを製造するのは高卒者であり、日本の製造レベルは、中小企業ほどコスト重視で早い作業と安全確保のみならず設備投資とその点検整備は企業の宝と言える。とても韓国ではまねはできない。

関連記事

[ 2019年09月25日 09:24 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp