韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、自衛隊観艦式に韓国を招待もせず

日本、自衛隊観艦式に韓国を招待もせず

日本政府は来月開催される海上自衛隊の観艦式に中国海軍は招待するが、韓国海軍は参加対象から除外することを最終決定した。 山村浩・海上幕僚長は24日の記者会見で、来月14日に首都圏近くの相模湾で開催される海上自衛隊主催の観艦式に韓国海軍を招待しないと明らかにした。山村氏は「韓国艦艇を招待するための環境が十分に整っていない」「防衛省と自衛隊が総合的に判断した」と説明した。

これについて読売新聞は「韓国海軍は昨年12月、海自機に火器管制レーダーを照射した上、事実関係を認めず、再発防止策も提示していない」とした上で「日本政府は韓国軍を観艦式に参加させるのは適切でないと判断した」と報じた。昨年10月に済州で開催された国際観艦式には日本の海上自衛隊護衛艦が参加しようとしたが、当時韓国政府が自衛隊の艦隊旗である旭日旗の掲揚を認めなかったことも影響しているという。

今回の観艦式には米国、オーストラリア、インドなど日本の友好国はもちろん、中国も参加する。日本が観艦式に中国を招待しながら韓国を排除したことで、今後韓日関係はさらに悪化しそうだ。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
2019-07-03-k002.jpg

そんな中で、米下院が24日(現地時間)、韓日米同盟の重要性を再確認する決議案を本会議で可決した。決議案はテロと大量破壊兵器、人権、気候変動などのグローバル挑戦を解決するため韓日米が「必要不可欠なパートナー」であることを明示した。また、韓米同盟と日米同盟は北朝鮮の脅威などに対処してアジア地域の政治・軍事的安定を築く土台としている。

一方で、海上自衛隊は24日、来月14日に相模湾で実施する観艦式に、韓国海軍が参加しないと正式発表した。韓国海軍駆逐艦による海自哨戒機へのレーダー照射事件や、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定など、隣国の異常暴走が止まらないだけに、当然の判断と言える。昨年10月に韓国で行われた国際観艦式では、韓国側が自衛艦旗である「旭日旗」の掲揚自粛を要求してきたため、海自は参加を見送った。その後、レーダー照射事件、GSOMIA破棄決定などが続いている。

そもそも韓国側から国家間条約破りと慰安婦合意破棄と徴用工訴訟問題、さらには不正輸出に自衛隊機へのレーダー照射と、異常極まる行動で日本を敵国視している韓国である。米国トランプ大統領自身も文氏を信用していないわけで、米韓首脳会談を見れば、今の韓国は利用価値もなければ、韓日米同盟の重要性を米下院が重要性を再確認する決議案を本会議で可決したところで、状況はかわらない。日本は徹底的に韓国を無視する事である。日本と戦争できずに、無条件降伏した韓国が、70年以上も恨んでいる連中である。未来のない彼らと付き合う必要はない。

関連記事

[ 2019年09月25日 15:56 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp