韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ノーベル賞受賞有力候補19人、韓国人はゼロ

ノーベル賞受賞有力候補19人、韓国人はゼロ

毎年ノーベル科学賞の受賞者を予想し、かなりの確率で的中させてきた世界的な学術情報分析企業クラリベイト・アナリティクスの今年のノーベル賞受賞候補リストに、韓国人科学者の名前はなかった。 同社は26日、今年ノーベル賞受賞が有力な科学者19名を発表した。一人でも候補を出した国は8カ国に達した。

その内訳は米国が7名と最も多く、以下英国(4名)、ドイツ・デンマーク(各2名)、スウェーデン、オーストリア、オランダ、イスラエル(各1名)の順だった。分野別では、生理学・医学が6名、化学が6名、物理学が3名、経済学が4名だ。

生理学・医学分野では、光遺伝学技術を発明したエルンスト・バンベルク独マックス・プランク生物物理学研究所名誉所長などが選ばれた。光遺伝学は光を照射して活性化される細胞を観察する技術で、脳の活動をリアルタイムで観察でき、うつ病やパーキンソン病などを理解する道を切り開いた。

物理学分野では、量子コンピューティングと量子暗号学に寄与したアルトゥール・エカート英オックスフォード大学教授、カーボンナノチューブやグラフェンといったナノ材料の特性を研究してきたトニー・ハインズ米スタンフォード大学教授が選ばれた。

スポンサードリンク
化学では、DNAから遺伝子一つ一つを識別できる分析法を開発し、一人一人に合わせた治療法の可能性を開いたエドウィン・サザン英オックスフォード大学名誉教授などが選ばれた。 韓国人研究者は選ばれなかった。韓国では2014年にユ・リョン韓国科学技術研究所(KIST)教授(化学)、2017年にパク・ナムギュ成均館大学教授(化学)が候補として挙げられたことがある。昨年は韓国人ではないが、蔚山科学技術院(UNIST)のロドニー・ルオフ教授が物理学受賞候補に選ばれた。
http://www.chosunonline.com/

2019-09-27-k002.jpg

ノーベル賞は過去118年間、生理学・医学、物理、科学などの科学分野のみで607人の受賞者が出ているが韓国人は平和賞の1回を覗いては皆無。隣国日本は過去1949年に京都大学の英樹教授が最初のノーベル化学賞受賞以来、2018年のノーベル生理学・医学賞の本庶佑(76)京都大学教授まで全27人が受賞した(外国籍含む)」。

韓国でノーベル科学賞が誕生していない理由として。国内のほとんどの科学技術研究分野が基礎科学ではなく、応用科学に偏っているという点である。日本は韓国と違って100年以上の伝統を持っており、韓国は基礎科学研究が1990年に入ってようやく本格的に始まったばかり。 自国メディアはノーベル賞が受賞出来ない理由を上記の様に挙げている。

韓国は資源が不足しており選択の余地がなく、経済発展のための基礎科学ではなく、応用科学に焦点を当ててきた。更に韓国がノーベル賞を輩出できない理由として、基礎科学の分野でも研究費支援がどのような成果を出すのか集中している韓国と異なり、日本は長期の研究に没頭することができる安定した環境と社会的雰囲気が大きい。韓国ではすぐに成果を出さなければ研究は中止で支援も切られてしまうが、日本では長期間の研究が出来る環境がある。

関連記事

[ 2019年09月27日 10:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp