韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iPhone11シリーズの売れ行き好調で出荷台数見通しを上方修正

iPhone11シリーズの売れ行き好調で出荷台数見通しを上方修正

iPhone11シリーズの売れ行きが好調なことを受け、投資会社も予測の見直しを迫られているようです。

「サプライチェーンのデータに基けば、iPhone11 Proの発注台数は当初の予定よりも増えるはずだ」と語るのは、投資ファンドTimefolioのポートフォリオ・マネージャー、ナンシー・チャン氏です。同氏はBloombergのインタビューに対し、iPhone11、iPhone11 Pro/Pro Maxの年内出荷台数が7,200万台~7,300万台となり、多くアナリストが予測する7,000万台前後を上回る可能性がある、と指摘しました。

予測の上方修正を行っているのは、Timefolioだけではありません。Apple製品の正確な予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏も、当初の6,500万台~7,000万台から7,000万台~7,500万台へと見通しを引き上げています。

クオ氏は、米国市場でiPhone11 Pro/Pro Maxが、中国市場でiPhone11が予想以上に売れていると指摘します。またRosenblatt証券も、iPhone11の製造スピードを引き上げるよう、Appleがサプライヤーに指示したと述べています。

スポンサードリンク
アナリストの予測を裏付けるかのように、iPhoneに部品を供給するサプライヤーの株価も大きく上昇しています。カメラモジュールを供給するLG Innotekの株価は、iPhone11シリーズ発表翌日の11日から27日までに13.4%上昇、カメラレンズを供給するLargan Precisionの株価も同期間で14.1%上昇しています。 発表前にはサプライチェーンから「出荷台数が7,000万台を下回る可能性もある」と危惧する見方も出ていましたが、この株価の上がりようを見ると、そんな懸念もどこ吹く風といったところでしょうか。
https://news.livedoor.com/

2019-09-29-k002.jpg

個人的にはiPadプロでマウスが使えるようになった「iPad OS」の存在に興味がある。恐らくは今後発売されるタブレットも売れるだろう。ノートPCを使用する事なく出来る仕事も多いわけで、そういう人たちにとっては、朗報と言える。進化したIOS13との組み合わせは、成功しそうだ。

7nmのA13バイオニックプロセッサを搭載し、AppleはiPhone 11は現行のどのスマホより最速のCPUとGPUを積んでいる。Appleの場合、端末のハードウェアを構成する各種コンポーネント、基本ソフトであるiOS、それにシステム全体を司るSoC、すべてを自社でコントロールしていることが強みと言える。特に今回のカメラ構成は素晴らしいという。実機テストの評価が多くのサイトで公開している。

関連記事

[ 2019年09月29日 09:41 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp