韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国でも拡大する「アフリカ豚コレラ」、非武装地帯のイノシシが感染源?

韓国でも拡大する「アフリカ豚コレラ」、非武装地帯のイノシシが感染源?

中国で猛威を振るう「アフリカ豚コレラ(ASF)」が韓国でも拡大している。5月に北朝鮮で確認されたASFが非武装地帯(DMZ)の野生のイノシシを経由して広がったとみられる。韓国政府は疾病防止に全力を挙げているが、韓国紙は「養豚業が崩壊する恐れがある」と危機感を強めている。

ASFは日本の中部地方や関東地方の一部で発生している豚コレラとは異なり、予防ワクチン接種などの対策がないとされる。り患した豚の肉を人間が食べても健康に影響はないが、豚やイノシシへの感染力は極めて強く、1週間以内に100%死ぬという。

朝鮮日報によると、北朝鮮と接する韓国北西部の京畿道坡州市で17日に同国として初めて発生したASFは、京畿道の金浦と江華の2カ所の養豚場でも24日と25日に確認された。同紙は「(ソウルなどを流れる)漢江より南にある金浦と江華という京畿西部でもASFが発生したことで、政府と防疫当局の初動対応が事実上失敗したことが露呈し、疾病が京畿西部を経て南部に拡大する可能性が高まった」と指摘した。

さらに「京畿南部は国内で最も多く豚を飼育している忠清南道と接している」と説明。「ASFが京畿道全域に広まり、忠清南道まで拡大すれば、韓国の養豚産業は崩壊する恐れがある」と警鐘を鳴らした。

スポンサードリンク
昨年時点で韓国全体では1133万頭の豚が飼育されている。忠清南道は1230以上の養豚場で計233万頭の豚が飼われている。飼育頭数基準でみると全体に占める割合は21%で、全国17の市・道の中で1位だ。ASFが発生した京畿道と忠清南道の豚が韓国全体の豚のほぼ40%を占めている。感染源について、韓国政府は北朝鮮地域のイノシシである可能性が高いとみている。南北を隔てるDMZなど前線一帯では病死したと推定されるイノシシが多数観察されている。軍事境界線や川を越えてくるイノシシは韓国軍が見つけ次第駆除しているが、すべてを阻むのは困難という。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-09-29-k003.jpg

強い感染力と致死性を持つ豚の伝染病「アフリカ豚コレラ」に感染した豚が、韓国で1相次いで見つかっている。豚肉の卸売価格は3割上昇し、豚肉が大衆料理に多く使われる韓国で関連産業の裾野は広く、経済への悪影響は避けられない状況だ。 一方日本は、流入阻止へ強い水際対策が不可欠。

アフリカ豚コレラは豚やイノシシのウイルス性感染症。有効なワクチンがなく、致死率は100%に近い。猛威を振るっている中国では終息の兆しがなく、すでに100万頭を超す豚が殺処分された。2019年に入り、アジア各地に感染は広がっている。国際獣疫事務局(OIE)の調べでは、東アジアで発生が報告されていないのは日本と台湾のみ。

日本でも今年に入り、「豚コレラ」が発生し7例目が新たに確認された。1992年以来の26年ぶりの発生となるうえ、国内にこれまでなかった型のウイルスで、海外から侵入したとみられる。 日本の「豚コレラ」は、中国や韓国で発生している豚コレラとは別のウイルスでワクチンがない「アフリカ豚コレラ」とは異なる。

関連記事

[ 2019年09月29日 12:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp