韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本、あすから消費税引き上げ、景気低迷するかと緊張

日本、あすから消費税引き上げ、景気低迷するかと緊張

最近日本のソーシャルメディアでは、東京のJR五反田駅が話題になっている。五反田駅の至る所に10枚以上張られた筆文字のポスターだ。お世辞にもうまいとは言えないようなヘタクソな字で「定期券早めに買って下半期もガンバロウ」「二週間前お早めに」「9月末には窓口が混み合います」などといった文字が市民に圧迫感を与えている。

これは10月1日の消費税引き上げ(8%→10%)を控え、定期券を予め購入しようとする人が9月末に殺到することを防ぐための広告だ。千葉県から五反田に通勤している女性(67)は毎日新聞の取材に対し、「来年3月末まで使える6カ月定期を購入し、3000円ほど節約した」と答えた。鉄道駅だけではない。10月が近づくにつれ、家電製品の量販店から焼き肉店に至るまで、たとえ100円でも節約しようとする日本人の駆け込みラッシュが起きている。

消費税引き上げを翌日に控え、日本政府と流通業界はいずれも緊張している。消費税引き上げが結局は民間消費の委縮と景気低迷につながるのではないかとの懸念があるためだ。安倍晋三内閣は2014年4月に消費税率を5%から8%に引き上げた後、景気低迷で苦戦したことがある。14年1-3月に306兆円だった民間消費は4-6月には291兆円に落ち込んだ。個人消費15兆円分が4月の消費税率引き上げで吹っ飛んだ計算だ。結局14年の日本の実質GDP成長率はマイナスを記録した。日本国民の消費心理が回復するには約5年かかった。

スポンサードリンク
(中略) 今年初めの段階でも安倍内閣が消費税引き上げを再延期するのではないかとの見方が優勢だった。しかし、安倍首相は「政権の墓場」と呼ばれる消費税引き上げをそのまま強行した。高齢化が急速に進行する中、「増税なき福祉」は不可能との判断があるからだ。安倍内閣は今回の増税による税収増加を約5兆6000億円と予想している。追加税収の相当部分を年金、医療、介護、少子化対策の4大分野につぎ込む計画だ。
http://www.chosunonline.com/

2019-09-30-k003.jpg

2019年度一般会計税収は18年度当初予算比5.8%増の62兆4950億円を見込んでいる。バブル期の60兆1059億円(1990年度決算ベース)を29年ぶりに上回り、過去最高を更新する。景気回復の持続を前提に消費、所得、法人の基幹3税がいずれも伸びる。19年10月の消費税増税に伴う増収は約1兆3000億円を見積もった。

税目別では消費税が増税効果などから10.4%増の19兆3920億円と過去最高。所得税は賃上げを追い風に4.8%増の19兆9340億円に上り、94年度決算の20兆4175億円以来の高水準となる。法人税は好調な企業業績がけん引し5.7%増の12兆8580億円。

だが現実は消費税収は伸びないだろうと推測する。理由は消費税収の損益分岐点と言うべきだろうか変化しない限界点は消費税12%あたりとなる。今回軽減税率としたことで、消費低迷分を考慮すれば、予想するほどは伸びはないと考える。結果として60兆円レベルに収まるのではないか。


関連記事

[ 2019年09月30日 08:55 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp