韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  サムスン電子 KDDIに5G用設備を供給へ

サムスン電子 KDDIに5G用設備を供給へ

韓国・サムスン電子が日本携帯大手のKDDIに次世代通信規格「5G」用の設備を供給することが30日、業界関係者などの話で明らかになった。

関係者などによると、KDDIは2023年までに日本全域に約5万3626カ所の5G用基地局を整備することを決め、サムスン電子やフィンランドのノキア、スウェーデンのエリクソンを5Gの設備供給会社に選定した。サムスン電子は主に東京都心部に設備を供給するという。

サムスン電子が供給する設備の規模は5年間で20億ドル(約2155億円)に達するとみられるが、同社は詳細な契約内容については明らかにできないとしている。 サムスン電子は韓国国内の携帯会社や米ベライゾンなどにも5G用設備を供給している。 

サムスングループの事実上の経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は5月に訪日し、携帯大手のNTTドコモ、KDDIの経営陣と5Gを巡って意見交換した。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
米国と韓国ではすでに商用サービスが始まっている「5G」。日本でも第1弾の周波数割り当てがようやく完了しました。携帯4社(NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天)は、割り当てられた周波数でエリア整備を進め、2019年秋に試験サービスを開始。2020年春以降の商用化を目指すとしたのが今年4月。携帯4社に割り当てられた周波数は下記の通り。600MHz幅が付与されるドコモ・KDDIに対し、ソフトバンク・楽天モバイルは1枠少ない500MHz幅に留まるという。

高速移動通信方式「5G」の周波数を割り当てられたNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルの携帯事業者4社は、サービス開始に向けて整備する通信インフラ設備に華為技術(ファーウェイ)など中国製の機器を採用しない方針だ。米国の呼びかけを受けた中国製品を事実上排除する政府の申し合わせに配慮した形となった。2020年の春から夏にかけて、各社とも商用サービスをスタートする予定だ。国内でも5Gの実用化がようやく目前まで近付いてきた。

携帯各社が次世代通信規格「5G」の通信インフラ整備の前倒しを始めた。保守的だった、総務省に提出した基地局展開計画を改め、5Gの利用可能エリアを急速に広げようとしている。米国や韓国などに比べてスタートが遅れた国内の5G展開を加速したい政府の思惑に乗る形で、サービスを早期展開し、先行する海外勢に追いつこうとしている。

KDDI、ソフトバンク、楽天の通信3社は、次世代通信規格「5G」用のアンテナ設備を共用して行う通信実験を、2019年4~9月に実施すると発表している事で、現在の実施は終了しようとしていることになる。問題はその先のサービス展開が大きな関心ごととなる。

関連記事

[ 2019年09月30日 18:52 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp