韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の日本製品不買運動がついに下火に?

韓国の日本製品不買運動がついに下火に?

2019年9月30日、韓国・ソウル経済は、7月の日本による対韓国輸出規制強化措置をきっかけに韓国のインターネット上で拡散していた日本製品不買運動が「最近になって急速に下火になっている」と報じた。

グローバル情報分析企業ニールセン・コリアのバズワード(言及量)に関する資料によると、7月1週目から9月2週目までソーシャルメディアでは「日本製品不買」に関する書き込みが88万2388件あった。ポータルニュースのコメントやオンライン記事を含めると100万件を超えるという。

「日本製品不買」に関する書き込みが最も多かったのは、日本が輸出管理の優遇措置を適用する「ホワイト国」からの韓国除外を決定する直前の7月4週目。しかしその後は徐々に減少していき、最近では1万8000件ほどしか確認されていないという。

ニールセン・コリアは「7月初めに大型コミュニティユーザーにより不買リストやサイト、ロゴが作られ、その後に他のコミュニティや個人チャンネルを通じて急速に情報が拡散し、不買運動が市民団体主導ではなく国民の自発的参与形式で展開された」と分析したという。

スポンサードリンク
これに韓国のネットユーザーからは「日本不買が生活の一部になったんだよ。常に永遠に続く」「減ったのは書き込みだけ。情熱はそのまま」「このままずっと買わないし行かないし食べないよ」など「日本製品不買が習慣化した」とみる声が多数寄せられている。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-09-20-k005.jpg

長く続くと心配されている韓国の日本製品不買運動だが、そろそろ下火の兆候が見えてきた。日本政府が7月1日に半導体などの材料3品目の対韓輸出規制強化を発表したことを受けて、韓国のインターネット上で急速に広がった日本製品不買運動が、最近は落ち着きを見せているとの分析が示された。情報分析会社ニールセンコリアが9月30日公表したバズワード(はやり言葉)資料によると、7月第1から9月第2週までの11週間、ソーシャルメディアでは日本製品の不買に関する書き込みが88万2388件作成された。ポータルニュースサイトのコメントなども含めると100万件以上だった。

一時は100万件あった「不買用語」が1万8000件までげんしょうしている。一方で、9月第2週に不買運動のバズ量が再び増えたことを踏まえると、一部のコミュニティーサイトや積極的なボイコット参加者の間で運動が長期的に続く可能性が高いと、分析している様だ。インターネット上の云々よりは、韓国の旅行関連企業の大低迷等々…。自国で耐え生きれる状態を超えているわけで、不買運動も実施しやすいビールなどはのこるが、自国に直接響く産業においては緩和せざる負えない。

関連記事

[ 2019年10月01日 08:20 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp