韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、日本の5G市場に食い込んだ

サムスン電子、日本の5G市場に食い込んだ

サムスン電子が日本2位の移動通信キャリア、KDDIに5G(第5世代)の通信設備を供給する。サムスン電子は現在韓国と米国に5G設備を供給しているが、日本の5G市場に進出するのは今回が初めてだ。

通信業界によると、サムスン電子は今年から2024年の5年間にわたり、KDDIに2兆4000億ウォン(約2200億円)規模の5G設備を供給する。KDDIの5G設備投資額(5兆2000億ウォン)の約半分がサムスン電子からの設備調達に充てられることになる。KDDIは最近、サムスン電子、エリクソン、ノキアの3社を5G設備の納入業者に選定した。サムスン電子はKDDIが2023年までに日本全域に構築する5G基地局5万3626カ所のうち、東京など首都圏地域の基地局向けの設備を供給するとされる。

サムスン電子は15年からKDDIと5G技術を共同開発し、日本市場への進出を準備してきた。昨年にはKDDIと日本のプロ野球の5G中継にも成功した。李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長も今年5月、東京に出張した際、NTTドコモ、KDDIの経営陣と会い、5G事業について話し合った。サムスン電子は今回の受注を契機として、日本の5G市場を本格的に攻略する計画だ。

日本は東京五輪開幕に合わせ、来年3月に5Gサービスを開始する計画だ。現在5Gの周波数割り当てを受けた業者はKDDI、NTTドコモ(業界1位)、ソフトバンク(3位)、楽天モバイル(4位)の4社だ。現地メディアによると、4社は今後5年間に5Gインフラ構築に1兆6000億円を投資する計画だ。

スポンサードリンク
サムスン電子は世界の通信設備市場をリードしてきた中国の華為技術(ファーウェイ)が米政府の制裁で伸び悩む間、急速に5G市場で領域を広げている。サムスン電子は現在韓国の通信キャリア3社に5G設備を供給しているほか、ベライゾン、AT&T、スプリントなど米主要通信キャリアとも5G設備の供給契約を結んだ。
http://www.chosunonline.com/

2019-10-01-k001.jpg

サムスン電子はKDDIに今年から今後5年間(2019~2024年)20億ドル(約2157億円)分の5G基地局装備を供給するという。KDDIはサムスン電子を含めてスウェーデンのエリクソンとフィンランドのノキアなど3社を5G装備プロバイダに選定している。韓国通信業界関係者は「サムスン電子はすでに東京など首都圏に構築する5G基地局装備の供給を開始し、エリクソンとノキアはKDDIの地方5G網の構築を担当している」と伝えている。

中央日報は、サムスン電子は今回のKDDIへの5G装備供給成功を足がかりに、今後、米国や日本市場の拡大はもちろん、オーストラリアや欧州市場への進出を加速するものとみられるとし、当面はサムスン電子が日本の5Gサービス事業者に選ばれたソフトバンクや楽天モバイルなどとの装備供給交渉に注力するだろうと報じている。5Gサービスを急ぐ日本の立場としては、すでに国内で商用化の実績があるサムスン電子を選択する可能性があるという事だ。

関連記事

[ 2019年10月01日 08:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp