韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、脱中国加速化…中国の携帯電話生産ライン完全撤収

サムスン電子、脱中国加速化…中国の携帯電話生産ライン完全撤収

サムスン電子が脱・中国の動きを加速化させる。中国にある最後の携帯電話生産ラインを完全に撤収した後、ベトナム、インドを主力生産基地として育成する。

関連業界が30日に明らかにしたところによると、サムスン電子は広東省にある恵州サムスン電子の役員・社員に対し、9月末で工場稼働を停止すると公示したことが分かった。サムスン電子は今年6月に恵州工場を対象に希望退職を実施しており、今回の稼働停止は最終措置とみられる。

恵州工場は韓中が国交を正常化した1992年に稼働を開始し、2017年時点で年間約6300万台の携帯電話を生産している。これはサムスン電子が全世界で生産しているスマートフォンの17%に当たる。中国で生産されていた物量のほとんどはベトナムとインド工場に割り振られる。

サムスン電子が中国で携帯電話の生産ラインを撤収するのは、中国で直接生産することがこれ以上プラスに働かないとの判断を下したためと解釈される。サムスン電子はこれに先立ち昨年12月末に天津の携帯電話工場を閉鎖している。

スポンサードリンク
中国はかつて「世界の工場」と呼ばれ、韓国企業の製造業基地の役割を果たしていた。しかし、今年に入り中国の1人当たりの国内総生産(GDP)が1万ドルに達するなど、人件費の上昇が続いている。実際に恵州工場の場合、2008年には1894元(現在のレートで約2万8600円)だったが、18年時点では5690元(約8万6000円)水準になっている。
http://www.chosunonline.com/

2014-02-10-ap.jpg

一方アップルもインドを全世界向けのiPhone製造の拠点とするため、「製造パートーナー」を通じて10億ドル(約1080億円)もの投資をするとの噂が報じられている。当初インドでの生産は台湾のEMS(受託生産)大手WistronによるiPhone SEおよびiPhone 6sに限られていた。iPhone製造の最大手EMSとして知られる台湾Foxconnは、やはりインドでも投資パートナーになるとのこと。南インドの都市チェンナイにある同社の工場は、アップルの国際市場向け製品の製造に使用されると伝えられています。また、Foxconnに部品を供給するサプライヤーの多くも現地に投資する予定との事だ。

インド国外への輸出であれ、現地販売用であれ、アップルにとってインドでの現地生産は大きな魅力を持っている。同社はこれまでインドにてオンライン直販ストアや直営店をオープンできなかったが、インドで販売される製品の30%はインド国内から調達するというルールが大きな壁となっていた。アップルもまた生産拠点の「脱中国」が本格化する様だ。


関連記事

[ 2019年10月01日 08:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp