韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  CJ大韓通運のシルバー宅配に国連が注目

CJ大韓通運のシルバー宅配に国連が注目

国連が、CJ大韓(テハン)通運のシルバー宅配のモデルを持続可能な経営の優秀事例として、世界各国に紹介した。CJ大韓通運は1日、 米ニューヨークで先月24日と25日に開かれた「国連の持続可能な開発目標サミット2019(UN SDG SUMMIT 2019)」の具体的な実施モデルを紹介する「持続可能な開発目標の加速行動」のホームページに、シルバー宅配などの自社の持続可能な経営方式とキャンペーン活動が掲載されたと明らかにした。

国連の持続可能な開発目標サミットは、持続可能な発展に向けた世界最大規模の国際政治フォーラムだ。「持続可能な発展のために20年間の行動を準備しよう」という国連総会の決議が2015年9月に採択されて以来、今回初めて開かれた。今後4年ごとに持続可能な開発目標の履行を確認する。今回のサミットには韓国、英国、ドイツ、日本など130ヵ国の政府関係者が参加した。

今回の首脳会議で、シルバーの宅配が重要な持続可能な開発目標の加速行動事例として挙げられた。「170ヵ所の物流センターで1400人以上の高齢者雇用を創出した」という具体的な成果まで紹介された。これに先立ってシルバー宅配は昨年5月、国連から高齢者雇用問題の改善が認められ、国連のホームページに登録された。CJ大韓通運が推進する森林づくりと粒子状物質の低減キャンペーンも持続可能な経営事例として言及された。
http://www.donga.com/

スポンサードリンク
総務省統計局が2016年9月に公表した日本人の人口統計によると2016年9月15日現在の65歳以上の高齢者人口は、過去最高の3461万人となり、総人口に占める割合は27.3%に上昇した。また国立社会保障・人口問題研究所の人口推計によれば将来的な高齢者比率は、2035年に33.4%で人口の3分の1が65歳以上となると見込まれている。

2019-10-02-k005.jpg

日本では、高齢者に向けた在宅食(健康食・治療食宅配サービス)が加速しつつある。この市場規模については、年々成長しており、1999年度に168億円であった市場は、2016年度には1,190億まで拡大している。自治体のサービスは、従来のボランティアから業者委託へとシフトしているうえ、配食数自体も昼食のみから昼食+夕食の計2 食に、サービス日数も週に2~3 回から週に5~6 回のサービスへと移行しつつあり、今後はより一層の市場拡大が見込まれる。

これに加え、今後高齢者の増加や、糖尿病患者や腎臓病患者、及びその予備軍の増加で食事療法を必要とする人々が増えていく事も市場拡大要因として考えられる。

関連記事

[ 2019年10月02日 09:19 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp