韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国民は「文大統領との意思疎通」に不満?2年前との違いくっきり

韓国国民は「文大統領との意思疎通」に不満?2年前との違いくっきり

2019年10月4日、韓国・京郷新聞によると、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は国民と意思疎通できているか」という質問について、肯定的に評価した人の割合は2年前に比べ大幅に減少した。

京郷新聞が韓国リサーチに依頼し先月29~今月1日に全国の成人1000人を対象に行った調査の結果、「文大統領は国民との意思疎通できているか」について、肯定的評価が48.0%、否定的評価が49.6%だった。2017年9月29~30日に行われた調査では、同様の質問に対する肯定的評価は81.4%、否定的評価は18.6%で、2年の間に否定的評価が増加し肯定的評価を上回ったという。

「現政権発足以降、暮らしは良くなったか」という質問に対しては、52.6%が「変わらない」と回答し、「良くなった」は10.4%、「悪くなった」は36.2%だった。世帯月収が200万ウォン(約18万円)以下の回答者のうち50.8%が「悪くなった」と答えた。

文大統領の国政運営については、肯定的評価が46.4%、否定的評価が49.4%だった。肯定的評価は2017年9月は72.6%、2018年10月は66.8%で、2年連続で減少した。特に20代の回答者の肯定的評価は2017年の89.3%から46.3%へ大幅に減少した。

スポンサードリンク
政府が最も得意だと思う国政分野は「南北関係改善および軍事的緊張緩和(26.5%)」、「権力機関の積弊清算(18.3%)」、「福祉拡大および両極化解消(14.1%)」の順だった。また、最も不得意な分野は「経済成長および雇用創出(32.6%)」が最も多く、「社会的葛藤解消および国民統合(13.9%)」、「不動産政策(12.5%)」などが続いた。 文大統領のチョ・グク法相任命については「同意しない」が54.2%で、「同意する(42.0%)」に12.2ポイント差をつけた。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-08-21-k002.jpg

韓国大統領は権限が集まりすぎて、その権限におぼれる傾向は常にある。結果自滅する。自国負債対応や、基本的政治能力に欠けるだけでなく、日本統治下の恨みの上に乗っかった政治では、国は崩壊したほうが良い。なぜなら将来の無い国など必要がない。不正に隠蔽の国で、負債大国であり、国家間の約束すら守らずに、挙句に北朝鮮統一妄想で、当然その中には核保有と言う目論見がある。

危険極まりない韓国は、一番アジアで必要がないだろう。上位財閥企業は、独り立ちし、いずれは、企業維持で自国から出てゆくしかない。もっともその前に国の破たんが先に来れば、財閥企業とて整理対象となる。だがこの国は同じことを繰り返す連中でるから、大統領権力中心とならないようなシステムが先にあるべきで、国つくりの仕組み再構築は不可欠。

関連記事

[ 2019年10月05日 08:17 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp