韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国でこんなにも普及した電動バイク、日本人はなぜ乗らないの?

中国でこんなにも普及した電動バイク、日本人はなぜ乗らないの?

近年中国では環境にやさしい便利な交通の足として、電動バイクが急速に普及し、街中が電動バイクであふれているところも少なくない。しかし、日本では電動バイクはほとんど普及していない。中国メディアの快資訊は1日、「なぜ日本では電動バイクを見かけないのか」と題する記事を掲載した。日本で電動バイクが普及していない理由を分析している。

中国における電動バイクの普及率は非常に高いと言える。都市によっては登録制にしてナンバーを配布しているところもあるが、一定の規格を満たした電動バイクは自転車と同じ扱いであるため、運転免許証は必要ない。価格も比較的手ごろであり、ローンでも購入できることも人気を押し上げているだろう。

では、なぜそんなに便利な乗り物に日本人は見向きもしないのだろうか。記事は、環境保護になると言われている電動バイクだが、「実際にはエコではない」ため、日本人は乗らないと分析。廃棄バッテリーは適切な処理をしなければ汚染源となることは多くの人が知っていることで、日本人は環境を重視するので乗らないのだと主張した。

2つ目の理由として、日本にはすでにバイクや自転車があり、公共交通機関も発達しているので十分便利だと紹介。バイクに関しては中国に輸出するほどで、歴史があり技術も高いため電動バイクの必要性を感じていないと論じた。

スポンサードリンク
一方の中国は、これまでバイクが手ごろな移動の手段だったが、それが電動バイクに取って代わったと記事は分析。実際、多くの都市ではバイクが禁止されたため、市民が電動バイクに乗り換えるようになった背景もあるだろう。自転車感覚で乗れ、価格も手軽な電動バイクは、女性や学生、高齢者など幅広い層に利用されている。この点、日本では電動バイクには運転免許証が必要であることも普及を妨げていると言えるだろう。
https://news.livedoor.com/

2019-10-05-k003.jpg

2000年代前半から、無免許で乗れる電動スクーターが中国で劇的に普及し、中国の自転車メーカーが電動スクーターの生産に日系企業が参入している。中国拠点がこれに対応して電動スクーター専用「サーボブレーキ」を開発したところ、その品質が評価され、中国の電動スクーター向けブレーキの4割のシェアを握るに至った。年間3000万台前後の生産、保有台数2億台という巨大な電動スクーター市場のブレーキの4割のシェアを日系中小製造業が取っている。

さらに世界の工場となっている中国において自転車・電動スクーター用ブレーキで「唐沢」ブランドが認知された結果、ブレーキレバー、充電器、ミニサッカーゴールなど今まで手掛けてこなかった製品のリクエストが「唐沢の品質管理能力ならできるだろう」ということで中国拠点に舞い込んできている。このほか日本の本社との連携で福祉関連製品として住宅浴室の椅子も生産している。特筆すべきことは、中国拠点は設立以来、日本人が常駐せず、信頼できる人材を得て、経営の現地化が極限まで進んでいることだ。

関連記事

[ 2019年10月05日 09:29 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp