韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本を「仮想敵国」視?「空母を前に出し独島問題で圧力を加える可能性も」

日本を「仮想敵国」視?「空母を前に出し独島問題で圧力を加える可能性も」

日本の軍事力をめぐり、韓国・中央日報は「日本は半導体材料の輸出規制で韓国経済の首を絞めるように、空母を前に出し独島(日本名・竹島)問題で圧力を加える可能性もある」との見方を示した。そこに日韓の対立が激しくなる中、日本を「仮想敵国」視する韓国社会の雰囲気が色濃く投影している。

同紙はこのほど、「日本の衛星・空母・潜水艦戦力、韓国との格差拡大へ」とのコラムを掲載。「韓国が日本に最も後れを取っている軍事力分野が宇宙だ」として、「日本は2020年代半ば、妨害衛星を打ち上げる計画だ。この衛星はロボットアームで他国の衛星を破壊して通信を途絶えさせ、偵察衛星の機能を失わせる。韓国の衛星にも適用可能な軍事戦略だ」と説明した。 衛星を打ち上げるロケットについても「偵察衛星の地球の軌道に16トンの人工衛星を乗せることができるH-2A液体燃料ロケットをすでに保有している。燃料を入れるのに時間がかかるH-2Aロケットだけでなく、ボタンさえ押せば直ちに発射できる1.2トン弾頭用固体燃料ロケットのイプシロンもある」と述べた。 

さらに「大陸間弾道弾(ICBM)を発射するには大気圏再進入技術が必要となるが、かなり以前から成功していて、ICBM技術で北朝鮮をはるかに上回る」と言及。「いつかは国防政策として表面化するだろうが、技術的にはICBMの力量をすべて備えた宇宙強国だ」と警戒している。

スポンサードリンク
海洋軍事力に関しては「日本は昨年12月の閣議で空母の導入を決めた。空母は攻撃型軍隊の象徴であり、日本の国防政策の変化を実感させる。戦後平穏だった北東アジアの国防態勢が攻撃的に変わり始めていることに韓国は気づかなければいけない」と注意を喚起。「約2万トン級のいずも型空母『かが』とともに、米国製の垂直離着陸戦闘爆撃機F35Bを40機導入することにした」と続けた。
https://www.recordchina.co.jp/

2011-08-09-takesima.jpg

今の韓国は、自衛隊機にレーダー照射する敵国であるから、仮想敵国ではない。 海で囲まれた国ではないにもかかわらず、空母や潜水艦と、日本への対抗心だけで、軍事予算を組んでいる。これでは国力も、国の資産もまるで違う国が、日本の真似をしたところで、国が亡ぶだけである。

自分たちにあった予算と社会制度を確立しないで、アジアのリーダー国となる日本へ対抗したところで、所詮は無理。次の通貨危機で国が滅んでもどの国も助けには来ない…。IMF傘下で、財閥解体された挙句に、日本の中小企業の下支えがないのでは、北朝鮮とさして変わらなくなるのではないか。 まして武力で竹島を制圧する日本ではない。

関連記事

[ 2019年10月06日 08:07 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp