韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  対日旅行収支の赤字拡大 訪日韓国人が訪韓日本人の3倍消費

対日旅行収支の赤字拡大 訪日韓国人が訪韓日本人の3倍消費

この4年間に訪日韓国人客数が訪韓日本人客数の2.5倍に上り、訪日韓国人客の日本での消費額は、訪韓日本人客の韓国での消費額の3倍に達することが分かった。ただ、最近の韓日関係悪化を受けて韓国で日本旅行を控える動きが広がっていることから、こうした不均衡は多少解消される見通しだ。

韓国国会の国会企画財政委員会に所属する金斗官(キム・ドゥグァン)議員(与党「共に民主党」)が韓国観光公社から提出を受けた資料によると、2015~18年に訪日した韓国人客は延べ2377万1787人で、日本での消費額は18兆8158億ウォン(約1兆7000億円)と集計された。同期間に訪韓した日本人客は939万5649人で、6兆4453億ウォンを使った。

相手国を訪問した人の数は韓国人が日本人の2.5倍、相手国での消費額は韓国人が日本人の2.9倍に上る。人数に比べて使用した金額の差が大きいのは、韓国人1人当たりが日本で使用した金額が79万1520ウォンだったのに対し、日本人1人当たりが韓国で使用した金額が68万5590ウォンと開きがあったため。

スポンサードリンク
また、両国をそれぞれ訪れる人は増え続けているが、訪日韓国人客の増加ペースが訪韓日本人客の増加ペースを上回っている。同期間に訪日韓国人客は88.4%増加した一方、訪韓日本人は60.4%の増加にとどまった。 ただ、こうした不均衡は韓日関係悪化による訪日韓国人客の急減により、多少改善する見通しだ。
https://news.livedoor.com/

2013-12-16-tpp.jpg

韓国からの輸出品の影響力が日本で弱まる間に、韓国は対日輸入シェアの減少とは関係なく、部品と素材の日本への依存度を下げることができなかった。原材料をつくる主力産業(輸出)分野で、日本の部品・素材技術に依存せざるをえなかったためだ。1970年代から中間財を海外から購入し、国内で組み立てる加工貿易中心の輸出戦略を駆使した韓国としては、日本は地理的に近く、低コストな流通が可能だったことに加え、技術力と資本力を兼ね備えた日本企業が多かったため、中間財導入ではすべて日本に頼ってきた。

韓国は旅行に関する収支などからなるサービス収支でも、対日赤字を記録中だ。韓国銀行によれば、2012年のサービス収支は36億ドルの黒字を記録したものの、2015年には赤字となり、2018年まで赤字続きだ。2018年の対日サービス赤字は28億ドル。これは、日本に旅行する韓国人旅行客が急増したことが大きい。

関連記事

[ 2019年10月06日 17:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp