韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  命中率は6%?「名品」と言われた韓国の兵器開発事業が中止へ

命中率は6%?「名品」と言われた韓国の兵器開発事業が中止へ

2019年10月1日、韓国・KBSは、韓国軍が進めていたK-11複合小銃開発事業について「6%というとんでもない命中率から事業中止の通告を受けた」と報じた。

報道によると、K-11複合小銃は「韓国の技術で開発された名品兵器」と宣伝されてきた。開発のため19年間で投入された予算は1100億ウォン(約98億円)以上に及ぶという。

しかし、5月の射撃テストでは50発中有効だったのはたった3発で、命中率はわずか6%だった。実は量産から1年後の2011年にも命中率は8.8%だったが、韓国国防部は合格判定を出していたという。

2014年には大統領府と検察もその性能を問題視していたが、国防部と合同参謀本部は事業をそのまま進めた。その結果、亀裂5回、爆発2回、原因不明の誤作動2回など事故が相次いだというが、K-11開発に携わった12人が勲章や表彰を受けたという。

スポンサードリンク
こうした事態を受け、監査院は先月に「事業撤退」を通告した。防衛事業庁は今月中に最終結論を出す予定という。
https://www.recordchina.co.jp/

2013-12-17-wa1.jpg

K11複合型小銃は韓国国防科学研究所(ADD)が開発した韓国版OICWであり、5.56mmアサルトライフルと20mmグレネードランチャーを上下並列に組み合わせるように設計された複合型小銃。2008年に1万5000丁の正式採用が決定し量産化、実戦配備に進んだが、その後爆発事故の発生や射撃コントロール装置の亀裂など次々と欠陥、不祥事が続発しており、914丁の配備のみで中止状態となり、2018年8月に正式に戦力化中断が決定した。

2011年にもアフガニスタンで韓国の地方復興チーム(PRT)保護任務に就いている韓国軍「アセナ」(Ashena)部隊に普及されたK11複合型小銃20丁のうち7丁で新たに射撃統制装置の不具合が見つかったとしている。当時、K11複合型小銃は2018年までに4485億ウォン(約330億7500万円)を投入して大量生産を行い、各部隊に普及する計画だった。税金の無駄使いが多い韓国である。挙句に武器輸出が増加中だ。

関連記事

[ 2019年10月06日 18:33 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
韓国人は息を吐くように嘘をつく
 韓国軍の面目躍如と言うことでしょうか?。韓国軍レーダー照射問題で否定する韓国軍。子供の言い訳みたいで情けない。行政から国民まで「息を吐くように嘘をつく」こんな国とのお付き合いは願い下げです。 
https://biz-journal.jp/2016/06/post_15482.html
[ 2019/10/06 21:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp